フィンキー要らずのFCS II:コロヘ・アンディーから学ぶフィンの取り外し方

シェア(記事を気に入ればお願いします)

FCS II フィン

サーフボードに必要不可欠なフィン。昔であれば、サーフボード自体にフィンが取り付けられたオンフィン(英語ではglass on fin)が主流でしたが、今では取り外し可能なタイプが当たり前ですね。

ただ、フィンプラグにフィンを装着する際、ネジ回しとなるフィンキー(fin key)を使うのですが、意外と面倒くさい時ってありますよね。そこで登場したのが、フィンキーを使わずに装着できる画期的なフィンプラグ「FCS II」。

今回の動画は、最も頻繁にサーフボードを使うプロサーファーが、FCS IIでフィンを簡単に取り外す方法を紹介する映像をお届けします。


スポンサーリンク



フィンキーを使うフィンプラグにせよ、FCS IIにせよ、簡単にフィンを取り外せない場合ってありますよね。フィンとプラグのわずかな隙間に、海水の塩が溜まって固まったり、砂が詰まったりなどするので。

そこで動画では、コロヘ・アンディーノがいとも簡単にフィンを外す裏技!?を実演します。その方法とは、手を使って外すのではなく、タオルを敷いた机にフィンを叩きつける荒業・・・。

これって、サーフボードを支給されるプロだからできる技のような気がします。一般サーファーにとってボードは高額なので、フィンプラグを壊すリスクは負いたくないですからね・・・。

最悪、手を使っても取り外せない時には、アリかもしれません。どうでしょうか!?海であんな外し方をしているサーファーがいたら、二度見してしまうことでしょう(笑)。

↓FCS IIのフィンプラグにフィンキー使用のFCSフィンを装着可能にするキット↓

コロヘ・アンディーノの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

2015年ハーレープロ期間中のサーフ動画@ローワーズ:コロヘ・アンディーノ

2015年シーズン前のトレーニング:コロヘ・アンディーノ

NEFFチームライダーのサーフ映像シリーズ1:コロヘ・アンディーノ

Visaカード+チョープー+コロヘ・アンディーノ

ロストの新作モデル「サブ・バギー」:コロヘ・アンディーノ

コンテストでも勢いに乗るコロヘ・アンディーノのフリーサーフ

クラシックブレイクのリンコンでフリーサーフするコロヘ・アンディーノ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)