ステファニー・ギルモアが作るウィートビックスを使った簡単朝食スムージー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Stephanie Gilmore smoothie

サーフィン大国と言われるほどサーフィン熱の高いオーストラリア。2016年のメンズWCTに参加する34名中14名、ウイメンズWCTに参加する17名中6名と、男女共に国別のサーファー数ではトップを誇ります。

2016年度メンズWCTに参加するサーファー

2016年度ウイメンズWCTメンバー~サーフィンワールドツアーの顔ぶれ~

そんなオーストラリアだからこそ、当然サーフィンというスポーツの地位は確立されていて、異業種のスポンサーが付いているプロサーファーも多いです。この点は収入にも反映していますね。

オーストラリアのトップサーファーたちはどのくらい稼いでいるのだろうか?

今回の記事は、食品会社「Sanitarium Health and Wellbeing」からスポンサードされている6×ワールドチャンピオンのステファニー・ギルモア「Stephanie Gilmore」(28歳)が、同社の商品を使って簡単にできる朝食作りに関する内容をお届けします。


スポンサーリンク



オーストラリアで定番の朝食であり、ステフのスポンサーであるサニタリウム社の代表的商品であるのがシリアルの「ウィートビックス(Weet-Bix)」

シリアルの定番と言えば、牛乳とミックスさせる食べ方ですが、実は様々な食べ方がありますよ!とのことで、スポンサーしている著名人によるオリジナルレシピを紹介する電子書籍をローンチしたそうです。

その中に、ステフによる「桃とハチミツのスムージー」のレシピが紹介されているのでお伝えします。

Stephanie Gilmore recipe

忙しい朝でも簡単にサクッと作れるのにヤミー(美味しい)と話すステフ。レシピは以下の通りとなります。


<材料>

・1カップ:サニタリウム社「So Good」シリーズの無糖ココナッツアーモンド牛乳もしくは通常の牛乳

・1つ:通常のウィートビックスもしくはグルテンフリー版ウィートビックス

・1カップ:天然果汁使用の缶詰の桃(水分は抜く)

・1ティースプーンカップ:ハチミツ

*ハチミツの代わりにナツメヤシの実×2もグッド


<作り方>

1. スムージーを入れるコップを冷蔵庫で冷やす。

2. 材料全てをブレンダーに入れ、スムーズになるまでブレンド。ブレンド後、冷やしておいたコップに注いで完成。


とてもサーファーらしい簡単な朝食ですけど、結構美味しそうな感じがします。是非ともトライしてみてはいかがでしょうか。

ステファニー・ギルモアの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ステファニー・ギルモアのオアフ島ノースショアでのリラックスサーフ動画@2015

一流アスリートは趣味までもプロレベル?:ステファニー・ギルモア

怪我でツアーイベントを棄権したステファニー・ギルモアの現状

25周年のロキシーを代表する6×ショートボードウイメンズチャンプ:ステファニー・ギルモア

6×ワールドチャンプまでの軌跡:ステファニー・ギルモア

後ろ足のポジショニングが参考になるフリーサーフ映像:ステファニー・ギルモア

2013年度WCTウイメンズno.5:ステファニー・ギルモア

女王ステファニー・ギルモアのバレルスキルとは!?

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)