世界のウェイブプールシーンにおいて、最近注目を集めているのはウェイブガーデン社のザ・コーヴ搭載ウェイブプールのザ・ウェイブとアーバンサーフ。

ブリストル(イギリス)のザ・ウェイブはすでにオープン済みで、メルボルン(オーストラリア)のアーバンサーフは来年2020年1月の一般オープン予定です。

そんな中、動向が気になるのが造波装置としてはオーストラリア初となる「Surf Lakes(サーフ・レイクス)」。

今回の動画は、ダコダ・ウォルターズによるサーフ・レイクスでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


オーストラリアQLD(クイーンズランド)州イェプーン周辺に建設されたサーフ・レイクス。

すでにテスト稼働を行っているものの、あくまでもデモ施設という位置付けなので一般利用はできません。

そんなサーフ・レイクスは、昨年にお披露目となるテスト稼働中に造波装置が故障し、今年8月になってようやくテスト稼働を再開して8フィートの人工波発生に成功したと発表。

そのサーフ・レイクスで今年10月にテストライドしたのが、今年のオセアニアエリアでジュニアチャンピオンに輝いたダコダ・ウォルターズ「Dakoda Walters」(17歳)。

昨年振りとなるサーフ・レイクスでのテストライドを終えたダコダの感想は以下の通り。

思ったよりも波のサイズが大きくて、パーフェクトなライトだったよ。ホームのオーストラリアにこんなウェイブプールが出来てメンタル(意味:ヤバい)だね。

サーフ・レイクスもウェイブガーデン社のようにライセンス契約により、世界中にウェイブプールを誕生させていく予定となっているので、こちらも楽しみなウェイブプールの一つではないでしょうか。

ダコダ・ウォルターズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事