パドリングで乗る位置や体勢など:サーフィン初心者が覚えておくべきパドルのコツ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

paddling position

サーフィンとは日本語で「波乗り」と呼ばれるので、波に乗ってこそのスポーツ。しかし、サーフィンをしようと海に入っている時間の大半は、パドリングに費やすことになります。

岸から波がブレイクしている沖(ラインナップ)までのパドルアウト、波に一本乗った後のパドルバック、さらには、波がブレイクするピークが変わりやすい時のパドルや、カレント(潮の流れ)が強い時のポジションキープなど、「サーフィン」=「パドリング」と言えます。

そこで今回の記事は、これからサーフィンを始める、もしくはサーフィンを初めて間もない初心者サーファーが身に付けるべきパドリングのコツをお届けします。


スポンサーリンク



サーフボード上での体のポジション

paddling position

パドリングをすることで発生させた推進力を最大限に生かすには、水面に対してボードを出来るだけ水平に保つこと。ボードを水平にしなければ、推進力の抵抗となり、スピードが落ちるためです。

サーフボードに腹ばいになった時、サーフボードのノーズ(先端)が少しだけ浮くのがベストポジション。サーフボードが最も水平な状態になるためです。

初心者に見られる誤ったポジションの例は以下となります。

前体重過ぎるポジション

paddling position too far forward

体重が前に乗りすぎて、サーフボードのノーズが海中へと沈んでしまうのが、上記写真のポジション。サーフィンを初めて間もない頃、波に乗ろうと慌てた時にやってしまう事が多いミスです。

ノーズが海に沈んでしまうと、ボードが進まなくなるのはもちろん、バランスを崩してサーフボードから落ちてしまいます。そのため、数回経験すれば、初心者サーファーでもあまり繰り返すことはミスと言えます。

後ろ体重過ぎるポジション

paddling position too far back

先ほどとは逆に、体重が後ろに乗りすぎて、サーフボードのテールが沈みすぎてしまうポジション。初心者もしくは初心者を脱却しかけているサーファーの場合、このポジションが最も多いです。

その理由は、テールが沈んでいると推進力が阻害されてスピードはかなり落ちるものの、前に進むことはできるためです。前体重の場合だとノーズが沈むと転倒するので、ノーズの沈下を避けようと後ろ体重になりやすいと言えるでしょう。

ただし、テールが極端に沈んでいれば、サーフボードの前方から後方へと流れる水の抵抗となるので、もっとも抵抗が少ない「サーフボードのノーズが海面から少しだけ浮くポジション」を常に意識しましょう。

パドル時の体勢

paddle technique posture

パドル時の体勢は、胸を反らして上半身を軽く起こし、おへそ辺りで全体のバランスを取ります。胸を反らすか否かについては諸説あり、賛成派と反対派に意見が分かれます。

今回使用している動画では、「胸をサーフボードにペタッとくっつけた状態でパドリングすると肩や腕の筋肉しか使えないが、胸を反らすことで背中といった上半身全体の筋肉を使うことができる」と説明しています。

より多くの筋肉を使えば、一箇所にかかる負荷が軽減されるので疲れにくくなりますし、力強いパドリングが可能になるというわけです。

ちなみに、胸を全力で反らす必要はありません。パドル時に背中の筋肉も動かせる程度であれば十分です。この点は、実際に経験しないと分からないので海で試して下さい。

パドル時のストローク

paddle technique stroke

腕をできるだけ前方まで伸ばしてから手を入水させ、お尻の辺りまで海水を漕ぐこと。ひと漕ぎを長くすることで、より推進力を得るということです。

パドリングに慣れていない初心者はすぐに疲れてしまいますが、継続すれば確実に必要な筋肉が鍛えられていくので、諦めないで続けてみてください。

パドリングの辛さから挫折してしまう方も結構いますが、サーフィンはスキルアップすればするほど楽しくなってくるので、最初のハードルを乗り越えましょう。

まとめ

サーフィンは波に乗らなければ始まりませんが、パドルに慣れていない初心者の場合、サーフィン上級者に比べると波に乗る本数が圧倒的に少ないです。

上手くはなりたいけれど、パドル力不足であまり波に乗れないのなら、水泳で鍛える手もあります。パドルを鍛えて乗れる本数が増えれば、早く上達することは間違いないので。

水泳でのトレーニングメニュー、11×ワールチャンピオンのケリー・スレーターによるパドルのコツといったパドリング関係の下記過去記事もまた、併せてチェックして下さい。

プールでサーフフィットネス!水泳のインターバルトレーニングでパドル筋力と心肺機能を向上

ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)