オープン未定となっている米ウェイブプール「Nランド」にNYタイムズが潜入

シェア(記事を気に入ればお願いします)

NLand tour

ウェイブガーデンを使用したウェイブプールとして、アメリカでは初であり、世界ではサーフ・スノードニアに次ぐ二番目の施設としてオープンが期待されているテキサス州オースティンの「Nランド・サーフ・パーク(NLand Surf Park)」。

ただし、すでに施設は完成しているにも関わらず、ゴタゴタ続きでなかなかオープンには至っていません。

アメリカ初となるウェイブガーデン使用のウェイブプール「Nランド」がオープン延期の理由

今回の動画は、すでに完成してしながらもオープンできていないNランドへと、ニューヨークタイムズ紙が訪れた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



動画が示す通り、すでにオープンしていても不思議はない状況にありながら、オープンに至れないNランド。当初のオープン予定は今春、その後は今夏へと延期になり、現在においてはオープン予定は未定。

オープンを心待ちにしているサーファーが多いと思うので、早くオープンしてもらいたいですよね。

今回のNランド訪問には、モーメンタム世代でお馴染みのティミー・カランの弟であり、2008年度USオープン優勝者のナザニエル・カランも同行。

Nランドの波について、「数分おきに最高な波が入ってきて、一本の波で6~7回くらいターンができるかな」と、ナザニエルは語っています。

ケリー・スレーターのウェイブプールがお披露目になってからというもの、ウェイブガーデンの人工波は波質の点において劣るイメージが強くなりましたが、メチャクチャ良さそうな波ではないでしょうか。

こんなウェイブプールがすでに完成していながらお預け状態とは、近隣で暮らすサーファーは発狂してしまいますね(笑)。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)