カイ・レニーがマウイ島ジョーズでエアリアル!新たな進化を見せるビッグウェイブサーフィン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

kai-lenny-jaws-maui

現地時間11月11日にハワイのマウイ島ジョーズ(現地名:ピアヒ)で開催されたBWT(ビッグウェイブツアー)イベント「ピアヒ・チャレンジ」。

30ftプラスのマウイ島ジョーズで開催された2016/2017年BWT「ピアヒ・チャレンジ」

同イベントに出場していたカイ・レニーは、残念ながらラウンド2となるセミファイナルで敗退という結果となりました。しかし、コンテスト結果を忘れさせるほど鮮烈なトウインサーフ(tow-in:ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るスタイル)を、イベント終了後に見せていたのです。

今回の動画は、カイ・レニーによるマウイ島ジョーズでのハイパフォーマンストウインサーフの映像をお届けします。


スポンサーリンク



先日マウイ島ジョーズにオープニングスウェルが入った際の過去記事で、カイがトウインサーフでのハイパフォーマンスサーフィンを目指しているとお届けしました。

マウイ島ジョーズの今季初スウェル!カイ・レニーがトウインでチャージ@2016/11/8

まさに言葉通りのサーフィンを見せている今回の動画。トウイン用ボードという事で、長さが短く足にはストラップがあることから可能になるハイパフォーマンスサーフィンだと言います。

ちなみに、ピアヒ・チャレンジでのカイは、パドルイン用ボードにも関わらずトップターンなどを狙っていましたが、さすがにマニューバ性能に関しては厳しい印象を受けました。

以前にシェーン・ドリアンがマウイ島ジョーズで使用するパドルイン用ボードを紹介しましたが、マニューバ向けのボードではないためです。

マウイ島ジョーズでのパドルインサーフ仕様の特注ボード:シェーン・ドリアン

さて、ビッグウェイブの当たり年となるエルニーニョ現象の昨シーズンを終え、今後数年はサイズの面で記録を塗り替えるようなビッグウェイブが期待できないと考えられています。

そのため、ビッグウェイブシーンにおいて進化の余地があると考えられるのはテクニカルな点。つまりは、ハイパフォーマンスサーフィンです。おそらくカイに追随するビッグウェイブサーファーが出てくることでしょう。

カイ・レニーの過去記事は、下記リンクからチェックして下さい。

ジュリアン・ウィルソンとカイ・レニーがバリ島でセッションすると摩訶不思議な光景が

カイ・レニーが空飛ぶライディングを楽しめるハイドロフォイルボードにトライ

SUPワールドチャンピオンにして若きウォーターマン:カイ・レニー

ビッグサイズのマウイ島ジョーズでジェットサーフ:カイ・レニー