• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

rip-curl-searchgps-super-heat-hawaii

フリーサーファーやコンテストサーファー問わず、世界トップサーファーが集結する11~12月のハワイのオアフ島ノースショア。

そこでリップカールがチームライダーを集め、サーフィンデータを記録可能な世界初のGPSサーフウォッチ「SearchGPS」を使ってスーパーヒートを敢行。

今回の動画は、ガブリエル・メディナやマット”ウィルコ”ウィルキンソンといったリップカールのトップライダーも参加したサーチGPSを使ったスーパーヒートの映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回のスーパーヒートに参加したのは、ガブリエル、ウィルコ、ニッキ・ヴァン・ダイク、ジェイコブ・ウィルコックス、クロスビー・コラピント、サミュエル・プポ、そして日本の新井洋人プロの7名。

場所は、パイプラインからオフザウォールまでのエリア。波は3~4フィートのクリーンなファンウェイブだったと言います。

ヒート時間は1時間超。ジャッジクライテリア(ジャッジ基準)は以下の3つとなります。

・最速スピード
・最長ライド
・乗った波数

これってなかなか面白く、仲間内でやっても盛り上がりそうですね。結果については、動画の後に記載します。

・最速スピード
サミュエル・プポ:時速28.2キロ

・最長ライド
ジェイコブ・ウィルコックス:167.5メートル

・乗った波数
サミュエル・プポ:36本

WCTサーファーであるミゲル・プポの弟、サミュエルの波数には驚かされますね。わずか1時間超のセッションでの話ですから…。上達のスピードも早いはずです。

グッズの関連記事
  • サーフ&スノー向けスマートウォッチ「The Mission」!ニクソンが2016年内に発売予定
  • 任天堂とバンズがフットウェアなどのコラボ商品をリリース
  • 水中でフィンが飛び出し浮かんでくるスマートフォン
  • 廃棄物から生まれるハンドプレーン
  • 外出を促進するスケートボードとベビーカーが一体化した商品「ロングボードストローラー」
  • 自分のライディングを映像でチェック!自動追尾カメラ「ソロショット」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事