ツアー引退のカイ・オットンも登場のリーフライダーのハワイセッションvol.2

シェア(記事を気に入ればお願いします)

カイ・オットン

12月にお届けしたリーフライダーによるハワイのオアフ島ノースショアでのフリーサーフィン映像。

リーフライダーによる16/17年シーズンのフリーサーフ動画@オアフ島オフザウォール

ハワイシーズンはまだまだ続くということで、「Live From The North Shore 2016」と題したシリーズ動画の第二弾が公開されました。

今回の動画は、ミカラ・ジョーンズ、カイ・オットン、ミッチ・クルーズ、ティアゴ・カマラオ、キリアン・ゲリンといったリーフライダーが出演するフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回の動画の中で注目のサーファーは、パイプマスターズの結果を受けて2017年シーズンのツアー残留資格を逃したことから、コンテストからの引退を発表したカイ・オットン。

10年も続いたワールドツアーサーファーとしてのキャリアに終止符を打ったのです。あまりスポットライトを浴びるタイプのサーファーではありませんでしたが、10年というキャリアは並大抵ではありません。

しかも興味深いのは、カイは27歳でワールドツアー入りを果たした遅咲きのサーファーであり、2016年のパイプマスターズの時点では、ツアーサーファーの中でケリー・スレーターに次ぐ年長サーファーだったのです。

そんなカイもフィーチャーされた今回の動画。動画は途中からサーファーベースの編集となり、1:12~からミッチ・クルーズ、1:43~からティアゴ・カマラオ、2:01~からミカラ・ジョーンズ、2:41~からキリアン・ゲリン、3:00~からカイ・オットンとなります。

*今回の出演サーファーの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

タヒチイベント前にカイ・オットンがチョープー似のスラブでフリーサーフ@オーストラリア

4×オーバーヘッドのバレルまでチャージする12歳のスーパーキッズ:キリアン・ゲリン

オールラウンドなブラジリアン/ティアゴ・カマラオの2016年初旬のハワイ映像

インドネシアにもまだあるシークレットスポットを求めたボートトリップ