• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

Photo: Rip Curl

ライトハンダーのバレルスポットと聞いて頭に浮かぶのはどこですか!?私が真っ先に思い付いたのは、クラシカルスポットとして有名なゴールドコーストのキラ。

他には、2006年にリップカールによるWCTイベントが開催されたメキシコのバラも印象的でした。しかし、キラやバラを超えるのではないかといったライトのバレルが、無人のラインナップでブレイクしていたとは。

今回の動画は、ミック・ファニング「Mick Fanning」(35歳)がリップカールのサーチトリップで訪れた究極のサーフスポットへのトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回のトリップの始まりは、ミックが友達から見せられる動画。その動画の波こそが今回のトリップ先であり、動画を見た時にミックが感じた心境は「ヤバイ波だ!」とのこと。

ミックの友達は、その波にミックにも乗ってもらいたいと思っていたものの、ミックは有名人。サーフスポットの情報が漏れてしまう恐れがあるので、なかなかトリップは実現せず。

ミックは時間を掛け、絶対にバレないようにすると友達への説得を続けて信頼してもらった上で、ついにトリップが現実のものとなったそうです。そのため、どの大陸であるのかすらベールに包まれています。

ケリー・スレーターのウェイブプールのようなパーフェクトウェイブがブレイクしているにも関わらず、海には全くサーファーの姿が見当たりません。世界にこんなスポットが残っていたのかと衝撃です。

*ミック・ファニングの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ミック・ファニングやロブ・マチャドなどリーフライダーが珊瑚海へサーフトリップ

ミック・ファニングが勲章受章!母国オーストラリアのレジェンドとなることに

ミック・ファニングがルーツを辿るために敢行したアイルランドトリップ

サーフトリップの関連記事
  • 1月のオフシーズンに炸裂したクラウドブレイク(フィジー)でツインフィンセッション
  • イギリス出身エアリアルマスターのインドネシアセッション:ルービン・アッシュ
  • ビッグスウェルを求めてクラウドブレイクへ:デイヴ・ラストヴィッチ
  • アレックス・グレイとジェイミー・オブライエンのおふざけビッグウェイブチャージ@メキシコ
  • 究極のサーフトラベラー:ケパ・アセロ
  • フリーサーファー宣言直後にリリースしたサーフ映像:ルーク・デイヴィス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事