ニクソンによる機能性無視な奇天烈なボード揃いのコンテスト「The Weird」@エフカイ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

通常とは一味も二味も違うコンテストを開催するニクソン。ニクソンチャレンジなんかは、コンテストの世界から離れたフリーサーファーも参加していますしね。

そんなニクソンが、シーズン中のハワイのオアフ島ノースショアでも、またまた興味深いコンテストを開催。もちろん、シリアスな内容ではありません。

今回の動画は、ニクソンがエフカイビーチパークで開催したサーフコンテスト「The Weird」のハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク



イベント内容は、ジョンジョン・フローレンスのシェイパーとして知られるジョン・パイゼルが7本のボードをシェイプし、コンテスト参加者はヒート前のくじ引きで当たったボードに乗ってヒートに臨むというもの。

ただし、ボードは一般的なものではなく、イベント名通りに奇抜なシェイプとなっています。パイゼル本人によると、機能性は全く考えないでシェイプしたそうです(笑)。

実際に乗った参加者によると、調子の悪くないボードも何本かあったそうですが、どうしようもないボードも含まれていたので、くじ引きでどのボードが当たるのかがポイントだったとのこと。

ヒートのジャッジに関してはニクソンチャレンジと同じで、参加者同士が誰のサーフィンが調子良かったのかを選んでの勝ち上がり。

WCTサーファーのジョシュ・カーやコナー・コフィンを始め、ベテランフリーサーファーや若手サーファー、さらにはノースショアのライフガードまで参加した同コンテスト。

ターンできるのかどうか定かではないボードで、プロサーファーがキッズに戻ったかのように楽しむ動画をチェックして下さい。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)