• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

via vimeo

オーストラリアのニューカッスル出身で、パタゴニアのアンバサダーを務める女性ロングボーダーのベリンダ・バッグス(Belinda Baggs)。

コンテストの世界で活躍しただけでなく、サーファーズジャーナル誌では女性サーファーとして初の表紙を飾ったアイコン的存在です。

今回の動画は、ベリンダ・バッグスが息子と共に海でのアクティビティを楽しむ映像をお届けします。


スポンサーリンク



幼い頃からサーフィンを始める場合、大半が親の影響ではないでしょうか。ベリンダもまた、5歳の息子レイソンを海に連れていくのが定番。

「自分勝手に一人でサーフィンに行っちゃうか、レイソンを連れていくのかいつも葛藤するわ。でもね、結局はレイソンと一緒にいくことがほとんど」。

「レイソンが一緒だと心が落ち着くし、私のサーフィンのルーツに立ち返れる感じがするし。家族と一緒に海で楽しんでいた幼いころの自分を思い出したりして」。

今は親子でタンデムサーフィンを楽しむ二人ですが、レイソンもいつかは一人で波に乗る日が来るはず。そしたら、レイソンにとって一番身近なライバルになるのがベリンダ。

簡単には手が届かない存在の母親がライバルともなれば、サーフィンが繋ぐ二人の良好な関係はまだまだ続いていくでしょうね。

ライフスタイルの関連記事
  • ブルーナ・シュミッツ アサイボウル
    自宅で簡単にできるアサイボウルのレシピをブルーナ・シュミッツが紹介
  • バリ島で最もホットなサーファーのもう一つの顔:メガ・サマディ
  • SUPワールドチャンピオンにして若きウォーターマン:カイ・レニー
  • シャークアタック頻発のスタートから5年!レユニオン島のサーフィン復興ドキュメント映像
  • マリア・マニュエル ヨガ
    動く瞑想がサーフィンに相通ずるヨガ!マリア・マニュエルの趣味
  • ジョーディ・スミスのルーツである南アフリカの現状&サーフィンを通じた人生形成

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
コンテスト
ミック・ファニングのワールドタイトル獲得で幕を閉じた2013年度ワールドツアー。年々サーフィンのレベルが上がり、フリーサーフィンのようなアク...
フリーサーフ
今から10年前の2003年、当時13歳だった少女が地元カウアイ島でシャークアタックに遭いました。プロサーファーを夢見ていた少女は、一命を取り...
エンターテイメント
ついにスタートした今シーズンの「Who is JOB 5.0」。パイプラインを代表するサーファーのジェイミー・オブライエンを中心に、サーフシ...