サーフィン界のキングと呼ばれる11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター。そんなケリーの名言の一つが「上手くなりたければ、どんなコンディションでもサーフすること」。

その教えを実践しているのが「Kelly Says」というシリーズ動画を公開しているイギリス出身のハンナ・ブリストウとダニー・マクレジェンドの一般サーファーガール。

今回の動画は、ハンナとダニーがウェイブガーデンを使用した世界初の商業ウェイブプール「サーフ・スノードニア」を訪れた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク


Vlogger(Video Bloggerの略で日本で言うユーチューバーのようなもの)として、これまでにもサーフトリップした際の動画を数々公開しているハンナとダニーの二人。

二人のモットーは動画冒頭で記されている「Living by the law of the bald wizard(天才的なハゲの教えに従って生きる)」。「天才的なハゲ」とは、もちろんケリーのことです…。

そんな二人にとって今回の舞台となったのは、イギリスのウェールズにて2015年8月にオープンしたモダンウェイブプールのサーフ・スノードニア。

ハンティントンビーチ(カリフォルニア)出身WQSサーファーのサラ・テイラーも伴って行われたウェイブプールトリップ。

どのようなトリップになったのか、動画をチェックして下さい。

*サーフ・スノードニアに関する過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事