エスペランス(西オーストラリア)近くでシャークアタック:17歳の少女が犠牲に

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Photo: Caitlyn Rintoul

つい先日までワールドツアーイベントが開催されていたオーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州。

サメの目撃談が多い西オーストラリアであるため、イベント会場となったマーガレットリバーでは昨年に引き続き今年もサメ騒動があったのは記憶に新しいかと思います。

その西オーストラリアで昨日4月17日、南部に位置するエスペランス近くでシャークアタックが発生。今回の記事は、昨日月曜日に発生したシャークアタックに関する内容をお届けします。


スポンサーリンク



シャークアタックが発生したのは、エスペランスから程近いケルプ・ベッズ(Kelp Beds)と呼ばれるサーフスポット。

via 7News

被害者となったのは17歳のサーファーガール。イースターホリデーに合わせて家族揃ってビーチを訪れ、父親と一緒にサーフしていた夕方4時直前の事故だったと言います。

被害者はシャークアタックにより片脚に重傷を負い、海から引き上げられた時にはすでに意識不明の状態。その後、病院へと搬送されましたが、出血多量により息を引き取ったそうです。

今回の事故発生現場周辺では、先週だけでサメの目撃情報が2件報告されていたそうです。エスペランス周辺におけるシャークアタックは、2014年10月以来とのこと。

西オーストラリア全域での昨年のシャークアタックは、今回と同じく死に至ったケースに関しては2件となっています。

———-

参照記事:「Teenage girl dies after shark attack near Esperance