カイ・レニーが今度はハイドロフォイルボディボードで浮遊ライディング

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Kai Lenny’s Facebook

ハワイ出身ウォーターマンとして、ジャンルの枠にとらわれず、様々なウォーターアクティビティをプロレベルでこなしてしまうカイ・レニー「Kai Lenny」(24歳)。

そのカイが新たなジャンルと言えるハイドロフォイルボードをやっていることは当ブログでもお伝えしていましたが、今度はハイドロフォイルボディボードを始めました。

今回の動画は、カイ・レニーによるハイドロフォイルボディボードでの空飛ぶ浮遊ライディング映像をお届けします。


スポンサーリンク



これまで、SUPやショートボードなどにハイドロフォイル(水中翼)を装着し、いわゆる「スタンドアップサーフィン」を楽しんでいたカイ。

しかし、今回の動画では腹這いとなるボディボードでの「プローンサーフィン」で波から浮遊しちゃっています…。

ボディボードでのチャレンジとなった理由を、カイは以下のように言及。

「数週間前にウインドサーフィンで足首を痛めちゃったけど、何とか海に戻りたくて。そこで楽しむ手段としてハイドロフォイルボディボードを思い付いたんだ。別名、ブギーフォイル!」

さすがウォーターマンといった感じで、何でもアリな柔軟な発想ですね!楽しそうです。

*カイ・レニーの過去記事

マウイ島ジョーズの今季初スウェル!カイ・レニーがトウインでチャージ@2016/11/8
日本時間の11月12日(土曜)午前2時から開催予定となっているBWT(ビッグウェイブツアー)イベント「ピアヒ・チャレンジ」。舞台はハ...
ジュリアン・ウィルソンとカイ・レニーがバリ島でセッションすると摩訶不思議な光景が
サーフィン=スラスター(3フィン)という流れの時代もあったものの、幅広いタイプのボードを目にすることが増えてきた現代。 シング...
カイ・レニーが空飛ぶライディングを楽しめるハイドロフォイルボードにトライ
レイアード・ハミルトンが乗っていた事で一時期話題となっていたハイドロフォイルボード。「ハイドロフォイル」とは、日本語では「水中翼」と...
SUPワールドチャンピオンにして若きウォーターマン:カイ・レニー
真のウォーターマンは、ある程度の年齢と経験を重ねた上で、周囲から認められる場合が多いです。しかし、若くしてウォーターマンとして認められる稀有...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)