今月31日からウェイティングピリオドがスタートするメンズQS10,000イベント、ウイメンズCTイベントのUSオープン。

サーフィンイベントの中で観客動員数がトップレベルを誇る同イベントの舞台となっているのが、南カリフォルニアのハンティントンビーチです。

今回の動画は、今から20年ほど前の故アンディ・アイアンズによるハンティントンビーチでのサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


2010年11月2日に他界した3×ワールドチャンピオンのアンディ。7月24日が誕生日であったアンディは、生きていれば39歳となる年ですね。

そんなアンディによるハンティントンビーチでの今回のサーフィン映像。アンディにとって初となるシグネチャームービー「Raw Irons」に収録されていた動画です。

映像を見ると、USオープンの前身イベントであるOPプロの映像なので、アンディが優勝した1998年の時のものでしょう。

興味深いのは、アンディのスポンサーがビラボンではなくMCDである点。MCDとは、90年代にマット・アーチボルドなどのスポンサーを務めていたので、時代を感じますね。

まだ10代の頃のアンディの映像ですが、サーフスタイルは変わらずスタイリッシュです。永遠にアンディのスタイルは、今後もサーフファンの間で生き続けることでしょう。

アンディ・アイアンズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事