サンディエゴのラホヤをホームとするスキップ・マカラ「Skip McCullough」(24歳)。

QSイベントに出場したり、ビッグバレルを求めて世界を旅したりといったプロサーファーです。

QSイベントに関しては出場イベントを見ると、CT入りを目指すというより、自分の好きなサーフエリアでのイベントを選んでいるといった印象を受けます。

今回の動画は、スキップ・マカラによる過去数年に渡るコンテストサーフィンとフリーサーフィンの映像をお届けします。


スポンサーリンク


2016年から年間で10戦以上のQSイベントに出場しているスキップ。そんなスキップのQS最高位は2018年のQSランク81位。

ブリクストンがメインスポンサーに付いているものの、ホームであるラホヤにいる時は肉体労働をしてお金を稼ぎサーフトリップ費用に充てているそうです。

そんなスキップのサーフスタイルは、ビッグバレルにエアリアルと何でもアリのパンクなスタイル。

とても印象的なシーンはQSイベントでのライディングで、チリのアリカでスコアしたパーフェクト10は半端じゃないです。

もう一つ印象的なコンテストシーンは、フィリピンのシャルガオ島クラウド9で自身初となるQSイベント優勝を決めたシーン。

優勝後のコメンテイターとのトークで、涙を流しながら「I can't fu@king believe it」と連呼します。

ライブ中継中の「Fワード」発言と言えば、過去にガブリエル・メディナがしていて、WSLから罰金処分が下されました。

スキップの場合は問題視されたのか気になりますね。CTじゃなくQSイベントだと視聴者数も少なくスルーされている可能性が高いようにも思えますが。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事