ヨーロッパ屈指のビッグウェイブサーファーであるサンチョがメンタワイをボートトリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

ヨーロッパを代表するビッグウェイブサーファーの一人であるフランス出身のサンチョこと、ベンジャミン・サンチス「Benjamin Sanchis」(37歳)。

ヨーロピアンであり、40歳に近い年齢でありながらビラボンがスポンサーであり続ける点から、素晴らしいサーファーであることは一目瞭然ですね。

今回の動画は、ベンジャミン・サンチスがインドネシアを訪れた際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



ビッグウェイブサーファーであるサンチョは、常にスウェルチャートをチェックし、ビッグスウェルが到来するエリアへと飛び回るライフスタイルが日常。

しかし、どんなにスウェルチャートをにらめっこしても、ビッグスウェルが見当たらないどうしようもない時もあります。

そんな時に訪れる定番のサーフデスティネーションが、間違いなく楽しむことのできるインドネシアだそうです。羨ましい…。

ということで、サンチョが訪れた今回のサーフトリップ先は、インドネシアのメンタワイ諸島。ボートトリップとのことです。

フィジカルやメンタルがすり減るビッグウェイブサーフィンとは異なり、サンチョにとってリフレッシュセッションのようです。

ベンジャミン・サンチスの過去記事

ヨーロッパのビッグウェイブはナザレだけじゃない!2017年2月のマラモア(アイルランド)
今冬はほとんど話題になることもなかったオアフ島ワイメアやマウイ島ジョーズといったハワイのビッグウェイブスポット。シーズン始め...
ベンジャミン・サンチスが絵に描いたような波を当てた2016年メンタワイ(インドネシア)
ヨーロッパにビッグウェイブが押し寄せるウインターシーズンには欠かせない存在と言えるフランス出身ビッグウェイブサーファーのサンチョこと...
今年一番のスウェルが入ったホセゴー(フランス):ベンジャミン・サンチス
ボトムが砂のビーチでありながら、一度スウェルが入れば、ホローなバレルを形成することで知られる南フランスのホセゴー(Hossegor)。ワール...
ギネス記録を超える108フィートの波に乗ったサーファー:ベンジャミン・サンチス
これまでにビッグウェイブのギネス記録保持者であったのは、2011年11月、ナザレ(ポルトガル)で78フィートの波に乗ったギャレット・マクナマ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)