• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

via vimeo

カリブ海に浮かぶアメリカ自治領のプエルトリコ出身で若手プロサーファーのマウロ・ディアス(Mauro Diaz)。

2008年には、当時11歳という史上最年少記録でクイックシルバーの「King Of The Groms」を制したサーファーです。

今回の動画は、大半の方が知らないであろうマウロ・ディアスのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



私も今回初めて名前を耳にしたマウロ。WSLのサイトにも一切情報がないので、コンテストには出場しないフリーサーファーでしょう。

同じプエルトリコ出身プロであるディラン・グレイヴスやヘクター・サンタマリアなどと似たようなキャリアを辿っているようですね。

そんなマウロのサーフィンですが、めちゃくちゃ勢いがあり(マニューバのメイク率は置いといて)、見ていて楽しくなるようなスタイルです。

ボルコムライダーということで、見た目はオジー・ライト、サーフィンはアンドリュー・ドヘニーといった感じでしょうか。

サーフィンだけじゃなく、キャラも憎めないタイプです。動画ラストでは、ノア・ディーンに遊ばれちゃってますし。

ちなみに、今回の動画を製作したのはメタル・ネックメタル・ネックにいても不思議ではないキャラなので、らしさを感じます。

サーフトリップの関連記事
  • 13歳のフレンチスーパーグロム!サム・ピテルのフリーサーフ@インドネシア&コスタリカ
  • ハワイの喧騒を離れたディロン・ペリロが太平洋のヴァージンウェイブをサーチ
  • チョープーシーンは必見!世界8カ国で撮影された動画のハイライトリール
  • オジー・ライトとライアン・バーチのロードトリップ@ブラジル(サンパウロ~リオ)
  • 13歳のサーファーが行くメンタワイ:ライダー・ゲスト
  • 世界屈指のスタイルを持つ女性サーファー/リア・ドーソンが訪れたカナリア諸島

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
サーフトリップ
世界最長レフトがブレイクすると言われるチカマを筆頭に、ロングレフトの宝庫である南米ペルー。今回のケパは、世界最古のサーフボードにまつわるスト...