via vimeo

カリブ海に浮かぶアメリカ自治領のプエルトリコ出身で若手プロサーファーのマウロ・ディアス(Mauro Diaz)。

2008年には、当時11歳という史上最年少記録でクイックシルバーの「King Of The Groms」を制したサーファーです。

今回の動画は、大半の方が知らないであろうマウロ・ディアスのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


私も今回初めて名前を耳にしたマウロ。WSLのサイトにも一切情報がないので、コンテストには出場しないフリーサーファーでしょう。

同じプエルトリコ出身プロであるディラン・グレイヴスやヘクター・サンタマリアなどと似たようなキャリアを辿っているようですね。

そんなマウロのサーフィンですが、めちゃくちゃ勢いがあり(マニューバのメイク率は置いといて)、見ていて楽しくなるようなスタイルです。

ボルコムライダーということで、見た目はオジー・ライト、サーフィンはアンドリュー・ドヘニーといった感じでしょうか。

サーフィンだけじゃなく、キャラも憎めないタイプです。動画ラストでは、ノア・ディーンに遊ばれちゃってますし。

ちなみに、今回の動画を製作したのはメタル・ネックメタル・ネックにいても不思議ではないキャラなので、らしさを感じます。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事