今もウェイブプールでの東京五輪開催を狙うWSL!?ウィルコが明かしたインタビュー記事

シェア(記事を気に入ればお願いします)

左からパーコ、エース、ウィルコ Photo: WSL / STEVE SHERMAN

カリフォルニアのレモーで先日開催されたケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」でのテストイベント「フューチャークラシック」。

同イベントに出場したウィルコこと、マット・ウィルキンソンが豪トラックス誌のインタビューで興味深い内容を語っていました。

今回の記事は、マット・ウィルキンソンが明かしたフィーチャークラシックの人選、すでに海での開催が決まったと言われる東京五輪でのウェイブプール活用を画策していると思われるWSL(ワールドサーフリーグ)の動きなどをお届けします。


スポンサーリンク



CTサーファーの中でも選ばれしサーファーしか出場を許されなかったフューチャークラシック。人選の基準についてWSLからは明かされてなかったので、気になるところでした。

なのですが、実はフューチャークラシックに招待されなかったCTサーファーには、WSLから謝罪メールと共に基準が記されていたとのこと。

ウィルコによると「ワールドツアーに在籍しているワールドチャンピオン、そして各国のトップシード」とのこと。

ここで出場サーファーをおさらいしておきます。名前の前に星印を付けたサーファーはワールドタイトル獲得サーファーです。

メンズ
☆ミック・ファニング
☆ジョエル・パーキンソン
☆ジョンジョン・フローレンス
☆ガブリエル・メディナ
☆アドリアーノ・デ・スーザ
ジョーディ・スミス
マット・ウィルキンソン
フィリペ・トレド
エイドリアン・バッカン
五十嵐カノア

ウイメンズ
☆ステファニー・ギルモア
☆カリッサ・ムーア
☆タイラー・ライト
ジョアン・デフェイ
コートニー・コンローグ
ポーリン・アド
シルヴァナ・リマ
セイジ・エリクソン

基準と照らし合わせるとウイメンズは概ね納得ですが、メンズについてはエイドリアン・バッカンと五十嵐カノアについて少し引っ掛かりますよね。

エイドリアンに関しては、実はWSLアスリート代表なのでその辺の兼ね合いがあっての出場かと思います。

では、カノアの場合は!?ウィルコは「カノアは日本代表で参加したんだ。その理由は、日本オリンピック委員会をイベントに招待していたから」という驚きの発言が。

東京五輪におけるサーフィン会場は、千葉の志田下で開催されるとすでに発表されているものの、日本オリンピック委員会を招待したという事は、WSLは日本にケリーのウェイブプールを建設しての開催を画策していることが分かります。

この件についてはウィルコも「ウェイブプールでのオリンピック開催をWSLは狙ってるからこそ、日本オリンピック委員会を招待したんだと思うよ」とコメント。

東京五輪開催まですでに3年を切りました。様々な思惑がうごめく中で、どのような着地点を見出すことになるのか目が離せません。

*ケリー・スレーターが振り返るフューチャークラシックのダイジェスト動画

———-

参照記事:「MATT WILKINSON – BRING ON THE WSL REVOLUTION

フューチャークラシックの過去記事

ケリーのウェイブプール初イベント当日!スタブ誌による体当たり取材の爆笑バックステージ
ケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」での極秘テストイベント開催を見事にすっぱ抜いた豪スタブ誌。 スタブ...
ウェイブプール活用の歴史的サーフイベントとなった「Future Classic」のハイライト動画
現地時間9月19日(カリフォルニア)、CTサーファーが集まってケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」で開催とな...