ハワイのオアフ島ノースショアシーズンがスタートとなり、今季も始まったイベント「WOTW(Wave of the Winter)」。

同イベントは、シーズン中のオアフ島ノースショアにおける単発のベストライディングを決めるというもの。

今回の動画は、WOTWのファーストマンスとなった11月のトップ5に選ばれたライディング映像をお届けします。

スポンサーリンク


同イベントの具体的な流れとしては、11月頭から2月末まで毎月トップ5を選んで読者投票が行われ、最多得票を得たサーファーは1,000ドル獲得。

2月が終わってシーズン中の全てのライディング映像が出揃ったら、計20本(各月のトップ5)の映像の中から、ジャッジングパネルがベストを選出することに(賞金25,000ドル)。

ジャッジングパネルのメンバーは、ジェリー・ロペス、パンチョ・サリヴァン、ロス・ウイリアムス、ショーン・ブライリーといったノースショアのレジェンド。

ジャッジ基準は、波のサイズ、マニューバの難易度、スタイル、そして、全体的にどれほどヘビーであったのかという4点を均等な割合で考慮して評価が下されます。

さて、アーリーシーズンの11月はあまりコンディションが良くならず、二日間に渡って繰り広げられたインサニティーズでのセッション映像がメインとなっています。

個人的には、バックドアで撮影されたエズラ・シットのライディングがベスト。細かいトリムを繰り返してのロングバレルが鮮烈なので。

トップ5映像は以下となります。果たして、どのライディングに票が集まるのか楽しみですね。

*ブレット・バーリー@インサニティーズ

*ジョンジョン・フローレンス@インサニティーズ

*マルコ・ジョルジ@インサニティーズ

*レアンドロ・ウスナ@インサニティーズ

*エズラ・シット@バックドア

----------

公式サイト「WAVE OF THE WINTER

昨シーズンのWOTW

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事