12月前半、ビッグスウェルの影響からサーフィンできないほどのコンディションとなっていたオアフ島(ハワイ)ノースショアのパイプライン。

ラインナップはもちろんサーファーの姿はなかったものの、しばらくするとジェイミー・オブライエンとカイ・レニーの姿が。

今回の動画は、ジェイミー・オブライエンとカイ・レニーがパイプラインの3rdリーフでハイドロフォイルボードを楽しむ映像をお届けします。


スポンサーリンク


ジェイミーによると「たまたまタウンにいたカイから連絡があって、パイプラインの3rdリーフでハイドロフォイルしようって誘われたんだ。どうなるのか見当も付かなかったよ」とのこと。

一方のカイは、ハイドロフォイルボードでのライディングを楽しみながらも、メイクしたいと心に秘めていたマニューバがあったとか。

そのマニューバこそがバックフリップ。ストラップ付きのボードに乗っているため、通常のサーフィンでバックフリップと言えばフロントサイドのマニューバですが、バックサイドでトライしてますね。

カイと言えば、トウイン(ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るスタイル)でのビッグウェイブサーフィンでハイパフォーマンスという新たな道を追求しています。

今回のバックフリップ挑戦を見ると、ハイドロフォイルボードでも誰も挑戦しなかった道を開拓していくように思えます。それにしても半端じゃないですね…。

ジェイミー・オブライエンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事