via vimeo

3月前半にアメリカ東海岸やカリブ海の島々へとスウェルをもたらしたウインターストーム「ライリー」。

同スウェルを追いかけ、ニュージャージー州からプエルトリコへ移動して撮影された動画が公開されました。

今回の動画は、ウインターストームセッションで盛り上がったニュージャージーとプエルトリコでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回のウインターストームからのスウェルにより、最も話題に上がっていたアメリカ東海岸のニュージャージー州。

完璧に地形の決まったニュージャージーのとあるサーフスポットでは、まるでナミビアのスケルトンベイを思わせるようなレフトのパーフェクトバレルがブレイク。

「Namibia」と「New Jersey」を掛け合わせ、「Newmibia(ニューミビア)」なんて呼ばれていました。

そのニューミビアで2日間に渡る撮影を行った後、撮影班が飛んだ先がプエルトリコ。良い波が当たると確信したギリギリの決断だったとのこと。

ニューミビアのコンディションは話題になったのでお墨付きですが、果たしてプエルトリコのコンディションはどうだったのか!?

動画からチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事