via Albee Layer's instagram

凄まじいスピードで進化を続けるモダンウェイブプール。

そのため、例え現時点においてベストと思える人工波を発生させることができたとしても、改良の手を休めるわけにはいきません。

今回の記事は、ケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」がエアーセクションの改良に向けて取り組んでいる内容についてお届けします。


スポンサーリンク


デモ施設を含めたモダンウェイブプールとして、最もクオリティの高い人工波を発生させられるのがサーフ・ランチ。

ロングバレルにロングウォールと、ターンとバレルに関しては完璧なブレイクを見せますからね。となると、足りない点はエアーセクション。

特に、BSRサーフリゾートのウェイブプールがオープンし、同ウェイブプールのエアセクションが世界トップと言われれば黙っていられてないのがサーフ・ランチでしょう。

そこでエアーセクションのデザインのために協力を仰ぐことになったのが、ジョシュ・カーとアルビー・レイヤー。サーフ・ランチ訪問後、二人がSNS投稿した記事は以下の通り。

ジョシュ・カー

数日前、アルビーやケリーとエアーセクション作りに取り組ませてもらって楽しかったよ。ヤバい感じに調整できたって言えるね。9月のCTイベントが楽しみだよ。

アルビー・レイヤー

The other day @josh_kerr84 and I flew on a private jet to go surf a perfect man made wave then after each wave we had the ability to give @kellyslater and the rest of the @kswaveco crew feed back working on an air section, making it a little better and different every time. A couple sections we try’d out were starting to get pretty crazy and I had no idea the literally thousands of different settings this wave can offer. What a f**ken time to be a surfer and how the hell did I weasel my way right into the thick of this space race going on with the wave pool moment? Like when I was dreaming of a scenario like this as a kid it would of sounded pretty fricken outlandish, but here we are. Thank you

Albee Layerさん(@live.fast.die.old)がシェアした投稿 -

こないだジョシュとプライベートジェットに乗ってサーフ・ランチへ行ったんだ。

目的はエアーセクション作りのためで、波に乗るたびにケリーやスタッフにフィードバックして、改良を加える毎に少しづつ良くなっていったね。

中には相当なポテンシャルを秘めたセクションなんかもあった。サーフ・ランチの人工波が文字通り無数の設定可能だったのには驚かされたね。

サーファーとしては凄い時代に突入したけど、このウェイブプール競争が熾烈を極める時代にどうすればいいのか分からなくもなるよ。

まるで子供の頃に思い描いていた夢物語のような世界だけど、それが現実のものになったんだから。

これまでのサーフ・ランチであってもエアリアルをするサーファーはいましたが、主にブレイクの早いターンセクションでのことだったので、決してエアリアルのクオリティを比較するためのエアーセクションではありませんでした。

まだまだ改良中ではあるものの、ジョシュとアルビーが公開した今回の写真を見る限り、着地時のクッションとなるフォームボールへ飛び出しているので、完全にエアリアル向けのクローズアウトセクションを作っているのかと予想できます。

ターン、バレル、エアーと出場サーファーがトータルスキルで競う舞台が整う可能性が増したと考えると、9月に開催されるCTイベント「サーフ・ランチ・プロ」が楽しみとなりますね。

サーフ・ランチの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事