100人のコンペティターがいれば、100のストーリーのあるコンテストサーフィン。

特にシーズン終わりのハワイでは明暗が分かれ、来季CT(チャンピオンシップツアー)残留条件であるトップ22入りを逃し、CTランク23位となったのがポルトガルのフレデリコ・モライス「Frederico Morais」(27歳)。

今回の動画は、フレデリコ・モライスの2018年シーズン終盤を追ったドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク


ポルトガル出身サーファーとしては、「ポルトガルの虎」と呼ばれた2014年のティアゴ・ピレス以来となるCT入りを果たしたフレデリコ。

フレデリコがCT入りしたのは2017年で、ルーキーイヤーは順調すぎる活躍でCTランク14位でツアー残留を決めたものの、2018年はCTランク23位と1ランク差でツアー落ちとなることに。

そんなフレデリコのCTイベントを追ったドキュメンタリーが今回の動画で、イベントとしてはサーフランチプロ以降を密着。

サーフランチプロ以前の動画は、当ブログのSNSのみでお届けしていたシリーズ動画です。

ホームであるポルトガルでのファンの熱狂振りを見ると、いかに自分の国からCTサーファーを輩出することが凄い事なのかが分かる内容となっています。

また、トリプルクラウンの最中に膝を痛めてサンセットでのワールドカップを欠場せざる得ない状況に追い込まれたものの、パイプマスターズに出場したりと数々のドラマがあったことが分かります。

最終的に、CTランク23位となり来季ツアー残留を逃したフレデリコ。正直言って、非常に運が悪かったとも言えます。

2017年シーズンであれば、CTランク23位となったイアン・ゴーベイアはインジュリーワイルドカードが1枠余っていたので、ツアー残留を決めましたし。

また、通常であればフレデリコは来季のリプレイスメント順位が1位になり、頻繁にCTイベント出場の機会を得たはずでしたが、2018年は負傷者が3名。

そのため、リプレイスメント順位の1位はカイオ・イベリとなり、フレデリコは2番手となることに。

しかし、悲観的に捉えてはいないフレデリコ。謙虚かつスポーツマンらしいフレデリコを応援したくなりますし、是非とも来季の活躍を期待したいところです。

フレデリコ・モライスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事