レッドブルのコンテンツとしてかつて存在していた「21DAYS」シリーズ。

特定のサーファーをフィーチャーし、今回で言えばコンテスト開催一週間前から密着するドキュメンタリー映像です(以前はタイトル通り21日前からの密着だったはず)。

久し振りの復活作としてフィーチャーされているのは、コロヘ・アンディーノ「Kolohe Andino」(25歳)とジャドソン・アンドレ「Jadson Andre」(29歳)。

今回の動画は、21Daysのスナッパーロックス(CT初戦会場)編のドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク


好対照とも言える二人のCTサーファーをピックアップすることになった今回の作品。

若い頃からビッグスポンサーのサポートを受け、17歳でCT入りを決めたコロヘ。CT歴も長く、トップサーファーの一人であるにも関わらず、未だにCTイベント優勝経験はありません。

一方のジャドソンは、20歳で初めてCT入りしたものの、2度のCT落ちを経験している苦労人。

また、2度目のCT返り咲きを目指していた昨シーズンはメインスポンサーがいなかった事から金銭面でも苦労することに。

シーズン途中で遠征費が底をつき、QSイベントには参加したいもののお金がない状態となり、そんな時にブラジリアンのサポーターから支援を受け、CTへの返り咲きを決めたそうです。

様々なストーリーを経て今があるコロヘとジャドソン。個人的に衝撃だったのは、コロヘが家族について語った後、コロヘの父親であり元CTサーファーのディノ・アンディーノが発したセリフ。

「オレは自分がどうやって育ったのか覚えてないんだ。父親がいなかったし、2人の叔父さんはジャンキーで叔母さんはアルコール依存症で亡くなったから」。

さて、動画ラストはご存知の通り、コロヘがイタロ・フェレイラにファイナルで逆転負けをするシーン。優勝に備えて波打ち際までグリフィン・コラピントなど駆け付けたものの…。

勝負の世界は厳しく時に残酷です。しかし、筋書きのあるドラマとは異なるからこそ見るものを引き付けるとも言えます。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事