via Justin Lee's instagram

今週、オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州レノックスヘッドで開催されたスカルキャンディプロジュニアイベント。

同イベントのクオーターファイナルのヒート4開催中、波打ち際では全裸で立ち尽くす男性の姿が。

その光景だけ見ると「何事があったのか!?」と不審に思われがちですが、実は子供を思う親の熱い思いがあったのです。

今回の記事は、サーフイベント中に全裸となったジャスティン・リーの親子ストーリーのニュースをお届けします。


スポンサーリンク


同イベントに出場していたジャスティンの息子、コナー・リー。コナーは順調にヒートを勝ち上がり、クオーターファイナルへと駒を進めていました。

そして臨んだクオーターファイナルのヒート4。一本目のライディングで、コナーはサーフボードを折ってしまうことに。

息子の様子を観戦していた父親のジャスティンは、居ても立っても居られなくなった結果、全裸でビーチに立ち尽くすことに繋がったとか。

当時の状況を振り返ったジャスティンのコメントは以下の通り。

この投稿をInstagramで見る

Now I am sure you’re asking the question, who the F$ck is that!! Yes that’s me, and I am not coming down from a three day bender on the coco and pills, and decided I’d get my gear off in the middle of the Skullcandy oz pro junior in my kids 1/4 final with 300 spectators watching and a live webcast for nothing. So what am I doing!! Well on @itsnot_connorlee_ very first wave in the 1/4 finals he snapped his board on his second turn and on his way to a good score! He was close to 400-500m out to sea and the commentators said. And I quote, get him a board out there. I had jeans and jacket, and I knew it would have been long swim back in with all that weight. So I ripped my gear off and started paddling out with his spare board. I get about 30m out and then they call me back in. Causes it’s against the rules to paddle a board out. So this is me stranded back on the beach waiting for someone to get my gear for me. Unfortunately this left very little time for Connor to get waves and was knocked from the comp, he had been ripping in early rounds and it was just bad luck for him!

Justin Leeさん(@justin69lee)がシェアした投稿 -

当時の状況を説明すると、息子のコナーがクオーターファイナルでサーフボードを折ったんだ。コメンテーターによると、岸から400~500メートルほどアウトでね。

そこで「コナーに早く新しいサーフボードを渡さなきゃ」って思いで一杯になった。私はジーンズとジャケットを着ていて、ボードを渡した後、長距離スイムで戻ってくることを考えたら、着ている服は海水を吸って重くなるから邪魔になるって思ったんだ。

それで衣類を脱ぎ捨て、コナーのスペアボードでパドルアウトを始めた。でも、30メートルくらいパドルしたところで、コメンテーターから戻ってくるようにって注意されたんだ。

私がパドルアウトしてサーフボードを届けるのはルール違反とのことで。それで波打ち際でパドルインして来たコナーにボードを渡した後、誰かに洋服を持ってきてもらうまで待つことになったっていうのが事の顛末。

結局コナーは、ビーチに戻ったりして時間を使いすぎてクオーターで敗退になった。早期ラウンドでは調子が良かっただけに、運が悪かったね。

さて、コナーは思春期の17歳。今回の父親の行動に対して、日本人ならば恥ずかしくてたまらなくなるようなシチュエーションですが、スタブ誌のインタビューに対してこのように答えています。

あんな行動を取ってくれるのは、僕の父親以外にいないだろうね。とても僕をケアしてくれていて、ベストを尽くせるようにサポートしてくれているのが分かるよ。

本当に父親を尊敬しているし、特にあの日以降は感謝の気持ちで一杯さ。

父親のジャスティンもオーストラリアのプロアマイベントで優勝したりするほどのサーファーということで、サーフィンにより密な親子関係が形成されているのか、とても素敵なストーリーです。

ちなみに、7月のレノックスヘッドと言えばすでに冬であり、私がかつて6月にレノックスヘッドに入った時はフルスーツが必要な水温でした。

そんな水温の中、裸でパドルアウトするなんて…。息子を思うあまり突発的に体が反応したとは言え、誰にでもできる行動ではないですね。

-----

参照記事「Hero Dad Strips Naked And Paddles A Board Out To His Son, Mid-Heat!

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事