ある意味、犬猿の仲と言えるサーファーと航空会社。

サーフトリップで飛行機を利用する際にサーファーはサーフボードバッグを預けることになり、サーフボードが壊れても航空会社に責任を問わないと言う免責条項にサインしなければ預けることすらできません。

その取り決めを交わして預けたサーフボードが破損していることが多々あるためです。

丁寧とはいかないまでも、普通に扱ってくれれば起こりえないような破損をしていることも珍しくないので、サーファーとしては納得いかないわけです。

今回の記事は、ジェットブルー航空にサーフボードを預けて破損していたとジョエル・チューダーがSNS投稿したので内容についてお届けします。


スポンサーリンク


ここ数年、プロサーファーがSNSを通じて受託手荷物として預けたサーフボードが破損していたとの報告が目立っています。

そして今回の被害者はジョエル・チューダー。ジョエルのSNS投稿は以下となります。

もはや訳す必要もないほど怒り心頭になっていることが分かる辛辣なコメントですね。

ジョエルが利用したのはジェットブルー航空。過去にはジョンジョンもジェットブルー航空で同様の被害を報告しています。

ジョンジョンのケースは極めて稀で、サーフボードのノーズがボードバッグを突き破るほど酷いものでした。

こうなるとジェットブルー航空への批判は殺到し、同航空会社のインスタグラムの最新投稿へのコメント欄は炎上しています。

当然ながら、サーファーは免責条項にサインして預けているので、多少の事ならば納得するしかないのですが、いくらサーフボードが脆いと言っても、今回のケースほどガラスクロスがバキバキになるのは普通に扱っていたらあり得ないのでSNS投稿しているのでしょう。

気になる問題の所在としては、航空会社ではなく空港で荷物の運搬をするスタッフだと言う指摘もあります。

空港には山ほど防犯カメラがあるのだから、運搬スタッフの導線上にもカメラを設置すれば一発で責任の所在が判明するので、航空会社としても都合が良いのではないかと個人的には考えてしまいますが。

炎上してニュースに取り上げられた場合、航空会社のダメージは少なからずあるでしょうから。

サーフボード破損問題の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事