レフトのビッグバレルで知られる西オーストラリアの北西エリア。

宿もないキャンプスタイルの滞在に加え、ヘビーバレルがブレイクするという危険極まりないエリアです。

ただ、そんなエリアで揉まれてきたジャック・ロビンソンは、「西オーストラリア育ちだからパイプラインもすんなりと馴染めた」と言うほどの経験を積めるとか。

今回の動画は、ハード過ぎるオーストラリア北西部へと訪れたサーファーガールのサーフトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク


西オーストラリアへとトリップで訪れたのは、ブラジルがホームでありWSLではフランス代表となっているミシェル・デ・ブイヨンズ(Michelle des Bouillons)。

SNSのコメントはポルトガル語で書かれているので、ホームであるブラジルのテイストが強いのかもしれません。

そんなミシェルですが、なんとビッグウェイブサーファーのようで、ポルトガルのナザレにチャージするほどだとか。

西オーストラリアでミシェルの案内人となったのは、オーストラリア北西部の砂漠地帯で育ったイモージェン・コールドウェル。

何だか凄まじい二人がタッグを組んで追い求めたのは、メンズサーファーのチャージでお馴染みとなっているスラブ(slab:底ボレするバレル)。

ウイメンズサーファーでスラブを狙うなど滅多になく、あったとしてもトップCTサーファーによるサーフトリップのみでしょう。

ですが、今回フィーチャーされている二人はフリーサーファー。どのようなセッションとなっているのか動画をチェックして見て下さい。

イモージェン・コールドウェルの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事