Photo: WSL / KELLY CESTARI

CT(チャンピオンシップツアー)サーファーにとって人気の高いCTイベント会場の一つである西オーストラリアのマーガレットリバー。

「ワイルドウエスト」と呼ばれるほど自然豊かであり、バラエティに富んだサーフスポットが数多く点在している点が人気のポイントですね。

そのマーガレットリバーを舞台にしたCTイベントですが、今年からタイトルスポンサーがブーストモバイルになるとのこと。

今回の記事は、ブーストモバイルがマーギーズプロのタイトルスポンサーになったというニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ブーストモバイルとはプリペイド携帯電話事業者で、サーフィン界とは密接な繋がりがあります。

おそらく30代後半以降のサーファーならば、「ブーストモバイルプロ」というCTイベントを覚えているかもしれません。

上記イベントはローワーズ(南カリフォルニア)でのCTイベントで、2008年を最後にブーストモバイルはタイトルスポンサーを降りました。

タイトルスポンサー以外では、ケリー・スレーター、ジェイミー・オブライエン、アンディ・アイアンズなど書ききれないほど数多くのビッグネームのスポンサーを務めたほど、サーフィン界と密な関係であったブーストモバイル。

そのブーストモバイルが、2008年以来となるCTイベントのタイトルスポンサーに復帰したのは、昨年2019年に開催されたゴールドコーストでのCT初戦でのこと。

ウイメンズイベントのみ、ロキシープロからブーストモバイルプロになりました。ただし、今年のCT初戦はコロナへとタイトルスポンサーが変更。

再びブーストモバイルがタイトルスポンサーから消えたのかと思っていたタイミングで、マーギーズプロのタイトルスポンサーになったとのニュースが報じられました。

CTサーファーでありブーストモバイルのチームライダーであるサリー・フィッツギボンズは以下のコメントを発表。

ブーストモバイルがCTイベント名に名を連ねてくれてエキサイトしてるわ。マーガレットリバーは私にとってお気に入りのエリアの一つ。

オーストラリアの中でもありのままの美しさの象徴のような場所で、ブーストがそんな西オーストラリアの価値を見出してくれたことがとても嬉しいわ。

西オーストラリアは僻地だから、どこでもネットで繋がることのできるブーストにピッタリのイベント。

母国でのイベントに加え、スポンサーイベントだなんて私にとっては最高のステージだから楽しみでしょうがないわ。

さて、今回のニュースを受け今年のCTイベントをチェックして見ると、男女共に半分ほどのCTイベントがサーフブランド以外がタイトルスポンサーになりました。

メジャースポーツを見ると、クレジットカードの国際ブランドなど他分野の企業がタイトルスポンサーになっていることは珍しくなく、WSLもその流れに向けて動いてきた上での結果でしょう。

ただ、CTイベントのタイトルスポンサーは不思議と同じ業種の企業が多いです。

ブーストモバイルに加え、ブラジルの「Oi」とポルトガルの「MEO」といずれも通信会社なのです。この3社以外では、ビール会社のコロナが2つのCTイベントのタイトルスポンサーになっています。

ここまで通信会社揃いというのは、狙ってのことなのか、それとも偶然のどちらなのでしょうか!?

-----

参照記事「Boost Mobile Signs as Title Partner for Margaret River CT

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事