blank

via Tyler Wright's instagram

オーストラリアで放送されているテレビ番組「60 Minutes」。

昨晩放送された同番組では2×ワールドチャンピオンのタイラー・ライト「Tyler Wright」(26歳)がフィーチャーされました。

テーマとなったのは、インフルエンザ感染とウイルス感染後疲労症候群によりツアーを1年半ほど離脱した点について。

そのリハビリ期間に支えてくれたのはガールフレンドということで、自身がLGBTであることをカミングアウトしています。

今回の記事は、「60 Minutes」の動画、そしてLGBTであることをカミングアウトしたことに伴い投稿したSNSに関する内容などをお届けします。


スポンサーリンク


タイラーがLGBTということで驚いたサーフファンもいるかと思いますが、海外メディアではごく普通にタイラーのパートナーについて触れられていました。

タイラーのパートナーであったのは、シンガーソングライターのアレックスで、アーティスト名は「Alex the Astronaut」。

タイラーがアレックスと出会ったのは2018年のことで、タイラーにとっては初めてのガールフレンドだったとのこと。

タイラーが南アフリカでインフルエンザに罹ったのは2018年7月のことなので、付き合って間もなくタイラーは体調を崩し、アレックスはタイラーが最も苦しい時期を支えていたパートナーだったわけです。

動画では、タイラーの復帰戦となった昨年2019年のウイメンズCT最終戦「マウイプロ」にて、アレックスがタイラーに寄り添っている様子も収録されています。

ちなみに、現在の二人はすでに別れたそうです。

昨晩の放送から一晩明け、タイラーとアレックスはそれぞれSNS投稿を行っています。

二人共に文章は似通っていて、すでに関係を終えたけれど、お互いへの感謝の気持ちや敬意を示す内容になっています。

さて、海外の有名人は自分のパートナーについてSNSに投稿したりと公にする機会が多いのですが、タイラーはSNS投稿で「アレックス」の名前を出すことはあっても、二人の関係については触れていなかったと思います。

それだけに、テレビ番組でカミングアウトしたことは意外に感じました。

サーフシーンにおけるLGBTに関しては、ケアラ・ケネリーが過去にLGBTであることを公言したことでメインスポンサーを失ったりと、スポンサー絡みで公にはしづらい雰囲気があったのかもしれません。

そんなケアラは2028/2019年シーズンのBWT(ビッグウェイブツアー)ワールドチャンピオンに輝き、スピーチで「LGBTアスリートをインスパイアしたい」とコメントしていました。

もしかしたら、タイラーはケアラのセリフに勇気を与えられ、アレックスというガールフレンドの存在を明かすことになったのかもしれません。

タイラー・ライトの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事