blank

via 7NEWS's facebook

オーストラリアではクリスマス翌日のボクシングデーという祝日であった12月26日。

そんなホリデーシーズンの最中、サーフスポットとしても世界的に知られるクイーンズランド州バーレーヘッズの工業地帯で火災が発生。

この火災により世界的サーフボードブランド「DHD」の工場が焼失してしまうことに。

今回の記事は、バーレーヘッズで発生した火災のニュースをお届けします。


スポンサーリンク


26日午前9時頃に発生したバーレーヘッズでの火災。原因についてはまだ不明であるものの、DHDの工場が焼失する被害となりました。

火災自体は、消防による鎮火までに90分ほどかかったとのこと。

ちょうどホリデーシーズンということが幸いし、工場に従業員はいなかったことから怪我人はいないそうです。

DHDのヘッドシェイパーであるダレン・ハンドレーは以下のコメントをしています。

こういった事は起こりえるけど、たまたま私が被害者となったのは残念だよ。

工場には歴史が詰まっていたんだ。かけがえのないヴィンテージボードなんかもたくさんあって。

これからは新しい工場作りに専念して再開するのみだね。それほどハードなことじゃないさ。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事