オーストラリアで注目の若手サーファーのジェイ・グリンダマン「Jai Glindeman」(16歳)。

昨年2019年からWSL(ワールドサーフリーグ)のジュニアイベントに出場するようになったので、コンテストシーンにおいて今後の活躍が期待されるサーファーです。

今回の動画は、ジェイ・グリンダマンによるホームであるレノックスヘッド(オーストラリア)でのフリーサーフィンをお届けします。


スポンサーリンク


現在、サーフシーズンとなっている南半球のオーストラリア。

ビッグサイズの南スウェルがメインの時期なので、オーストラリア東海岸ではヘッド(岬)に沿ってブレイクするライトのポイントブレイクが覚醒することになります。

私も6月にレノックスヘッド近辺で2週間ほど滞在したことがありますが、ビッグスウェルがノンストップで入り続けてビーチブレイクはクローズアウトの日々が大半。

となると使えるのはビッグスウェルもホールドできるポイントブレイクということで、レノックスヘッドでよくサーフしましたが波のクオリティはワールドクラスです。

そんなレノックスヘッドがホームというジェイ。ビラボンライダーということで、ビラボンらしいテイストが強いサーファーです。

ビラボンの好みなのでしょうが、ベテランで言えば故アンディ・アイアンズやジョエル・パーキンソンといったワールドチャンピオンに似たようなスタイルです。

ただし、ジェイは若手ということで、より似ているのはスタイル重視のCTサーファーのイーサン・ユーイング。

さて、新型コロナウイルスによる影響でホームのみのサーフシーンだそうですが、ワールドクラスのサーフエリアがホームなので、「ステイホーム」期間であろうが素晴らしい映像となっています。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事