via vimeo

まだ20代半ばでありながら、元CT(チャンピオンシップツアー)サーファーという肩書を持つオーストラリア出身のマット・バンティング「Matt Banting」(25歳)。

マットがCTサーファーであったのは2015~2016年のことで、CT入りを決めたのは若干20歳でのこと。

しかし、アスリートとしては致命傷である怪我に苦しみ、さらにはメインスポンサー契約解消などの紆余曲折を経て今があります。

今回の動画は、現在はCT返り咲きを狙うマット・バンティングによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


怪我によりサーフィンから離れ、さらには当時のメインスポンサーを失うというジェットコースターのような20代前半を過ごしたマット。

本格的にコンテストサーファーとして復帰したのは2018年シーズンのことでした。

メインスポンサー無しで臨んだ2018年シーズンのマットのQS(クオリファインぐ)ランキングは40位。

元CTサーファーであったことを考えると厳しい結果であり、メインスポンサーがいないということは遠征費といった金銭面も苦しかったはず。

でしたが諦めず、今年も精力的にQSイベントを転戦し、現在のQSランクは7位。しかも、今年はメインスポンサーを獲得したとSNSで発表。

来季のCTクオリファイを考えると、マットは現QSランクで良いポジションに付けているものの、QS10,000イベントで3位以上などといったビッグリザルトが求められます。

ですが、メインスポンサー獲得で金銭的負担が軽減されたとなれば、精神的にゆとりが生まれ、今年はやってくれるかもしれません。

今回の動画を見ていると、リラックスしたスムーズなスタイルが光っているので注目したいサーファーの一人です。

最後に、動画の撮影が行われたのは2018~2019年のことで、撮影場所は南アフリカ、ポルトガル、フランス、オーストラリアとのこと。

マット・バンティングの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事