blank

via Michel Bourez's instagram

現在開催中となっている東京五輪最終選考イベントを兼ねるISAワールドサーフィンゲームに出場しているCTサーファーのミシェル・ボウレズ「Michel Bourez」(35歳)。

ミシェルは2019年のCTランクによって、すでにフランス代表としてのオリンピック出場権を得ています。

そのミシェルが現在出場中のISAイベントのヒート中に負傷することに。

今回の記事は、ミシェル・ボウレズが自身のSNSで発表した怪我に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


早速ですが、ミシェル本人のSNS投稿は以下となります。

かなりハードなワイプアウトをしたため、これ以上エルサルバドルでヒートに出場することはできなくなった。

昨晩MRIを撮って、今後の流れに関して専門家の診断待ち状態なんだ。

負傷したのは首で、全く同じ場所で思いっきり痛めのはこれで3回目になるから、大事を取ってサーフィンフランスの医師の勧めでイベントを棄権する事にした。

この決断は間違っていないだろうし、しばらくサーフできないことになると思う。

まだ勝ち残っているサーファーみんなへグッドラック。

さて、オリンピックまで2カ月を切ったこの時期に怪我ということで、気になるのは回復までのタイムライン。

しばらくサーフできないと思うと本人が記している点を見ると、今月18日からスタートとなるCTイベントのサーフランチプロは欠場になる可能性が高いでしょう。

出来るだけ早く回復し、フランス代表としてオリンピック出場できるように祈っています。

最後に、ISAワールドサーフィンゲームはメインラウンドのラストとなるラウンド7の出場メンバーは、日本の五十嵐カノアと村上舜、フランスのジェレミー・フローレスとジョアン・ドゥルという日本vsフランスの構図となっています。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事