カリブ海に浮かぶフランス海外県となるグアドループがホームのティム・ビッソ「Tim Bisso」(24歳)。

ヨーロピアンの期待の若手としてシーンに登場し、リップカールからサポートを受けながら2016年にはベルズビーチでのCTイベントにワイルドカード出場した経験もあります。

今季はヨーロピアンサーファーとしてCS(チャレンジャーシリーズ)出場権を得ているので、9月から始まるCSシーズンにてCT入りを狙う事になります。

今回の動画は、ティム・ビッソが移籍したソルティクルー(Salty Crew)によるティムをフィーチャーした映像をお届けします。


スポンサーリンク


2016年はリップカールライダーとしてスポンサー枠でCTイベント出場を果たしましたが、すでにリップカールから離れているティム。

多くのプロサーファーはSNSでスポンサーをタグ付けしているので、SNS投稿をチェックすると契約解除のタイミングが分かります。

今回のティムの場合、リップカールとは2018年いっぱいまでの契約だったと思われます。

その後、2019年頭からはワイルドスーツというヨーロッパを拠点にするウエットスーツブランドがメインスポンサーとなっています。

そして今回のソルティクルーの動画がウェルカム動画なのかと思いきや、ティムのSNSを見ると4月の段階でチームライダー入りの発表。

ソルティクルーを知らない方も多いと思いますが、同ブランドはサーフブランドと言うよりも、海での全てのアクティビティをサポートしているといった感じです。

特にフィッシングなんかにも力を入れているので、フィッシングとサーフィンを愛する方にはドンピシャといったところ。

ライダーとしては、元CTサーファーのCJとダミアンのホブグッド兄弟、今年のスタブハイで優勝したエアリアルサーファーのマット・メオラ、若手のリーヴァイ・スローソンが名前を連ねています。

さて、そんなソルティクルーのチーム入りしたティムは現在、ポルトガルのエリセイラを拠点にし、CT入りを目指しているとのこと。

新たなメインスポンサーで心機一転となり、夢を実現させてくるのか注目ですね。

ティム・ビッソの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事