基本的には波に乗る行為を指すサーフィンですが、様々な要素から成り立っているので多様な見方ができます。

例えば、パドリングにフォーカスしたり、テイクオフにフォーカスしたりと、それぞれの要素をブレイクダウンできると言うわけです。

そんな各要素にフォーカスを当てたコンテストを開催して見たら!?

今回の動画は、スタブ誌が行った「S.U.R.F.」と呼ばれる全4エピソードから成るコンテストのエピソード3をお届けします。


スポンサーリンク


エピソード1の「Space」、エピソード2の「Uncover」に引き続き、エピソード3の今回は「Resourcefulness」チャレンジ。

内容はと言うと、まずは2ピースに折れたサーフボードを選ぶのですが、ノーズ寄りとテール寄りの1ピースずつ異なるボードから選ぶことになります。

そして2ピースをサーフボードに再生するのですが、一般的なサーフボード製造に使用するグラスファイバーやレジンといった材料を使用することは禁止。

つまりは、継ぎはぎだらけのフランケンシュタインのようなサーフボードが誕生することになるのです。

そのサーフボードを海へと持ち込んでコンテストがスタート。

波のパワーに負けない耐久性はもちろんのこと、コンテストということでパフォーマンス性能も無視する事はできません。

あまりにも面白過ぎる今回のテーマを制する事になったのは誰なのか、動画からチェックして見て下さい。

S.U.R.F.の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事