元CTサーファーで後にビッグウェイブサーファーへ転身したシェーン・ドリアン「Shane Dorian」(48歳)。

CTでの最高位は2000年のCTランク4位、ビッグウェイブシーンではビッグウェイブアワードの様々な部門を複数受賞と言わずと知れたトップサーファー。

今回の動画は、シェーン・ドリアンによる直近でエルニーニョ年となった2016年のマウイ島ジョーズでのビッグウェイブセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


今ではマウイ島ジョーズにビッグスウェルがヒットしたセッション動画でも見ることのなくなったシェーン。

息子のジャクソンがスーパーグロムとして台頭してきているので、ジャクソンのサポート役といった裏方に回ったのだと思います。

コンテストシーンでも、同じビラボンライダーのイタロ・フェレイラにパイプラインでコーチしたりと、自身の経験を伝えていますし。

そんなシェーンは、ビッグウェイブシーンにおいて大きな功績を残しています。

ビッグウェイブサーフィンにおいて今では当たり前となっているインフレータブルベストを考案したのがシェーンだからです。

ビッグウェイブサーフィンで仲間が溺れて亡くなるという悲劇を無くしたくて思い付いたと当時は語っていました。

そしてシェーンの思惑通り、インフレータブルベストが流通してからは溺れ死ぬサーファーがいなくなったと言うので、ビッグウェイブサーフィンにおける転換期を築いた存在と言えます。

そのシェーンがビッグウェイブサーフィンの世界でトップレベルに君臨していた時代の映像が今回の動画。

動画ではわずか2本のライディングのみフィーチャーとなり、2本目のライディングは2016年ビッグウェイブアワードでの「Ride Of The Year」受賞ライドとなります。

シェーン・ドリアンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事