オーストラリアで昨年8月にスタートしたサーフィンをテーマにしたテレビ番組「Rivals(ライバルズ)」。

同番組は、かつてライバルであった元CTサーファーたちを集めてオンラインコンテストを行うと言った内容でした。

そして今年のライバルズはウイメンズが出演するシリーズ2として帰って来ることに。

今回の動画は、レイン・ビーチリー「Layne Beachley」(49歳)をフィーチャーしたライバルズのシリーズ2エピソード2が公開されたのでお届けします。


スポンサーリンク


ウイメンズとしてはステファニー・ギルモアと並び、最多となる7度もワールドタイトルを獲得したことで知られるレジェンドサーファー。

ただし、ステフとレインは対照的で、ステフはツアールーキー時代から一気にタイトル数を重ねていきましたが、レインが初タイトル獲得となったのはツアーデビューしてから10年目のこと。

レインの時代のサーファーで言えば、10年もツアーに在籍するのは珍しかったので、10年在籍だけでも凄まじい記録です。

レインがワールドツアー入りしたのは16歳であった1988年で、タイトルを獲得したのは1998~2003年の6年連続と2006年。

ツアー引退を発表したのは2008年のことで、現在のメンズサーファーでも珍しいツアー歴20年となります。

ちなみに、レインが引退発表をした前年2007年にステフがツアー入りし、ルーキーにしてワールドチャンピオンとなったので鮮烈な世代交代といった感じです。

そんなレインの過去を振り返る今エピソードですが、印象的なのは「どのイベントのファイナルで誰を破った」など、はっきりと細かい事まで記憶している点。

ケリー・スレーターも似たような感じなので、それだけコンテストにフォーカスしてきたからこそ、鮮明な記憶として残っているのかもしれません。

さて、エピソードのラストを飾るのはライバルズ恒例の2時間ヒートで、2か月の期間の中で自分の選んだサーフスポットでベストなタイミングを選んでサーフすることになります。

オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州マンリーをホームとするレインが選んだのはフレッシュウォータービーチ。

フレッシュウォーターと言えば、デューク・カハナモクがオーストラリア人へとサーフィンを伝えに来た場所ですね。

果たして、現在のレインがどのようなサーフィンを披露したのか動画からチェックして見て下さい。

ライバルズS2の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事