blank

via vimeo

アンタイヒーロー的存在と言えるフリーサーファーのノア・ディーン「Noa Deane」(26歳)。

パワーやエアリアルとオールラウンドという点で考えれば、世界トップレベルのフリーサーファーでしょう。

そのノアが乗るサーフボードがルーク・ショートによるLSDサーフボードで、ノアと考案して誕生したモデル「The Hammer(ザ・ハマー)」がリリース。

今回の動画は、ノア・ディーンによるザ・ハマーでのライディング映像をお届けします。


スポンサーリンク


ザ・ハマー誕生のきっかけとなったのは、ルークが自身の工場で眠っていた90年代前半のサーフボードからインスパイアされてのこと。

同ボードをベースに、ノーズエリアとエントリーロッカーにモダン風の改良を加え、少し変わり種としてノア用にシェイプしたそうです。

そのボードでのハワイで撮影されたライディング映像がノアのフィルマーから送られてきて、収録されているターンが過去一と言えるほど強烈だったとか。

そこで変わり種ではなく、ハワイのようなパワフルな波に合ったボードだと認識し、2020年初旬にノアがハワイから帰国後、改良に着手したとのこと。

ノア本人のコメントは以下となります。

すごい気に入ってるから、ショートボードに乗る時は大抵の場合、ザ・ハマーを選ぶんだ。

ノアが乗っているボードのディメンションは以下となります。

6'3" x 19 1/8 x 2 1/2:31.1リッター

個人的に興味深い点は長さで、ここ10~20年ほどでメインボードの平均的な長さは5フィート台と短くなったものの、ノアの場合は6フィート台で身長より2インチ長い仕様。

サーフボードは短くなれば小さいパワーポケットでもフィットしたりと、いわゆる小回りが利くので扱いやすくなります。

一方、短くしすぎると波のフェイスに接するレールラインも短くなり、カーヴィング時のスプレーの飛び方といった見栄えが落ちます。

これは実際にケリー・スレーターがミニボードに傾倒した時に誰もが感じたことで、トッププロであっても見栄えが悪くなることが分かりましたね。

もしかしたら、ファッションなども20年周期で繰り返すと言われるので、サーフボードの長さも再び6フィート台がスタンダードな時代が迫っているのかもしれません。

-----

公式サイト「LSD Surfboards

ノア・ディーンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事