世界的に高い人気を誇るサーフカントリーのインドネシア。

インドネシアの中でも、サーフィンとナイトライフの両方を兼ね備えている事から多くのサーファーが集まるのがバリ島ですね。

そんなバリ島は現在季節が雨季に移行したということで、サーフィンに関してはオフシーズンに分類されます。

今回の動画は、オフシーズンのバリ島で撮影されたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ほぼ赤道直下のインドネシアにおいて、季節は主に4~10月の乾季、11~3月の雨季に分けられます。

季節風の風向きは乾季が南東、雨季が北西となり、ビッグスウェルが発生しやすいのが南半球のウインターシーズンとなる乾季で、乾季の中でも最もコンスタントにビッグスウェルが発生する真冬の7~8月がピークシーズンに分類されます。

サーフィンにおいてオンシーズンとオフシーズンの区分けする要素は、風向きとスウェルとなります。

風向きはビーチから海へ吹き込むことで波のフェイスを整えてくれるオフショアが好まれるので、南東風が季節風の乾季のシーズンとなるのは西向き沿岸。

雨季になると季節風が北西風へと変わるので、西向き沿岸がオンショアになる一方、東向き沿岸がオフショアとなってシーズンとなります。

風向きの条件に加え、インドネシアではビッグスウェルが発生しやすい時期が乾季ということで、サーフシーズンが乾季の西向き沿岸となるのです。

なのですが、雨季がオフシーズンと言っても東向き沿岸は季節風がオフショアであり、ビッグスウェルが発生しにくい時期と言ってもインドネシアはスウェルへの反応が良いので、オフシーズンであっても一般サーファーは十分楽しめます。

メジャーブレイクなんかでは雨季になると大幅に混雑が緩和されるケースもあるので、逆に狙い目の時期とも言えますし。

実際にどのような波が雨季のバリ島でブレイクしているのか、動画をチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事