マウイ島のジョーズと並び、北半球のウインターシーズンになると注目されるビッグウェイブスポットである北カリフォルニアのマーヴェリックス。

ジョーズ同様にパドルインサーフィンが主流のマーヴェリックスでは、ハワイにビッグスウェルがヒットした数日後に同じスウェルが届くので、ハワイからサンフランシスコへの移動はビッグウェイブサーファーの定番ですね。

そのマーヴェリックスで先日、トウインセッションが繰り広げられたとか。

今回の動画は、2021年10月25日に撮影されたマーヴェリックスでのトウインサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク


大型サイクロンにより、豪雨や強風と共にビッグスウェルも届いたという10月後半のマーヴェリックス。

ただし、パドルインでのビッグウェイブサーフィンは基本的にクリーンコンディションでなければ不可能となるのでトウインセッションになったそうです。

10月25日の波情報をMSWでチェックして見ると、スウェルがピークに達したのが午前で、波のサイズは25~40フィートとのこと。

波のサイズの幅が15フィートもあるということで、それだけでもいかに凄まじいレベルのスウェルだったのかが窺い知れます…。

マーヴェリックスでのトウインサーフと言う珍しい印象を受けるセッションの様子をチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事