2021年シーズンのCSランク4位となってCT入りを決めたサンディエゴのオーシャンサイドをホームとするケイトリン・シマーズ「Caitlin Simmers」(16歳)。

スタブハイ出場経験があり、ビッグバレルとエアリアルを取り入れた若手ガールズのニュースクーラーの一人ですね。

思っていたよりも早くこのグループからCTサーファー誕生といった印象です。

今回の動画は、ケイトリン・シマーズによるハワイでのスケートやフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ケイティに関してまず興味深い点の一つとして、アパレルブランドではなくレッドブルがメインスポンサーというところ。

コンテストサーファーでレッドブルがメインスポンサーのケースは極めて少なく、そのレアケースとなるのは数少ない選ばれしサーファーのみ。

メジャーどころで言えば、アメリカを代表するサーファーのカリッサ・ムーアとコロヘ・アンディーノですね。

ブラジルの新星として注目を集めるマテウス・ハーディも一時期はレッドブルのステッカーがノーズに貼られていましたが、今はクイックのステッカーがノーズに鎮座しています。

なにはともあれ、それだけケイティが注目されているという訳です。

そして期待に応える活躍となったのはCS初戦となったUSオープンで、ケイティは15歳という若さで優勝。

最年少記録かと思いきや、実はマリア・マニュエルが14歳で優勝しているので2番目の最年少記録でした。

この優勝により、ケイティはCT入りを目指してコンテストモードかと思いきや、インタビューで「今季でのCT入りは考えてないわ」とコメント。

でしたが、本人の思いとは裏腹にフランスCSイベントでは3位となり、最終的に16歳でCT入りを決める事になりました。

CT入りについても最年少記録かと思いきや、キャロリン・マークスが15歳でのCT入り記録を持っているので、こちらも2番目の最年少記録となっています。

さて、そんなケイティによるハワイのオアフ島ノースショアでの数週間に渡る滞在記をチェックして見て下さい。

ケイトリン・シマーズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事