現CT(チャンピオンシップツアー)ランク6位の五十嵐カノア「Kanoa Igarashi」(24歳)。

CTサーファーの中でもトップレベルのレールゲームを武器にしたライディングは、安定感からすでに風格さえ溢れる存在ですね。

そんなカノアがバリ島のクラマスへ向かうことに。

今回の動画は、五十嵐カノアによるインドネシアのバリ島クラマスでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


2019年にクラマスで開催されたイベントにて、CTイベント初優勝を果たしたカノア。

その後はクラマスでCTレベルのイベントは開催されていないので、動画タイトルには「Reigning Champ(現チャンプ)」と記されていて上手い表現だなと感じました。

動画を見てみると、レールゲームのパワフルさ、正確さ、安定感、スピードと、誰がどう見ても一目でトップCTサーファーと感じるほどのパフォーマンスとなっています。

年々成長しているカノアのレールゲームを見ていると、今年の南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)イベントでのパフォーマンスを見るのが楽しみになりますね。

最後に、動画ではわずか2本のライディングのみですが、グリフィン・コラピントも登場。

ライディングを見た時はやけに上手いビラボンライダーだなと思いましたが、グリフィンがタンクトップを着ているイメージがなかったので気付きませんでした…。

五十嵐カノアの昨年までの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事