blank

Photo: WSL / KURT STEINMETZ

6月12日からイベント期間に突入するCT(チャンピオンシップツアー)第7戦「Surf City El Salvador Pro」。

ライトポイントの宝庫として知られる中米エルサルバドルを舞台にしたイベントで、昨年にオリンピック最終選考が開催されたエリアでもありますね。

そんなエルサルバドルでのCTイベントのワイルドカードが発表されることに。

今回の記事は、エルサルバドルCTイベントのワイルドカード(ローカルトライアルを除く)に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


前回のGランドイベントからCTは後半戦へと突入し、ミッドシーズンカットをパスした現在のCTサーファーはみな来季のクオリファイを決めています。

そんなトップレベルのサーファーたちと対戦することになるのがワイルドカードで以下となっています。

*ヤゴ・ドラ:セス・モニーツのリプレイスメント

*キャロリン・マークス:シーズンワイルドカード

*カルロス・ムニョス:ジョンジョン・フローレンスのリプレイスメント

*ティア・ブランコ:「The Ultimate Surfer」優勝のボーナス

カルロスは今季ツアールーキーとして参戦したものの、ツアー初戦のパイプラインで負傷してツアー離脱となり、ミッドシーズンカットでツアー脱落となっていました。

せっかくクオリファイしたのに、1つのCTイベントしか経験できなかったのは酷なので、ホームである中米開催イベント出場はWSLの粋な計らいと言えますね。

キャロリンについてはようやくツアー復帰といった感じで、スタブ誌でもインタビュー記事がありましたが「詳細についてはまだ言えない」とした上で、やはりメンタル面でのツアー離脱だったと思われます。

現時点で発表されているヒート表は以下となります。

メンズ

ウイメンズ

さて、ヒート表を見ると分かる通り、メンズは後1枠残っています。

この枠はローカルトライアル優勝者となり、エルサルバドルならばおそらくブライアン・ペレスになると思います。

-----

公式サイト「WSL

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事