CT(チャンピオンシップツアー)レベルまで上り詰めたプロサーファーの中でも、強い個性を放っていた最後の存在であったと言えるボビー・マルティネス「Bobby Martinez」(40歳)。

ジュニア時代からコンテストシーンでは目覚ましい活躍を見せ、当然のようにワールドツアーへの階段を上っていきましたね。

ちなみに、ヒスパニック系として初のCTサーファーでもありました。

今回の動画は、ボビー・マルティネスによる今年2022年に撮影されたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ボビーのCTサーファー時代、今季から採用されたミッドシーズンカットが導入されたことがありました(現在とは少しシステムが異なりますが)。

当時のボビーはその内容が気に入らず、ニューヨーク開催となったCTイベントの勝利者インタビューでASP(WSLの前身団体)をFワードを使ってボロクソに批判し、そのままCTから去っていきました。

その時代辺りから、プロサーファーのメディア対応も徹底されてきて、インタビューでは大半のサーファーが似たようなコメントをするようになってきたので、ボビーは自分の意思を率直に吐き出した最後の存在とも言え、だからこそといった人気が今なおあります。

そんなボビーの今回の動画ですが、ここ最近のボビーで個人的に気になっているのはCI(チャネルアイランズ)からリリースされているボビーのシグネチャーモデルであるボビークアッド。

小波向けとなるグロヴェラーモデルでありながら、実はある程度サイズがあっても調子良かったとのこと。

おそらく一般サーファーであってもオーバーヘッドくらいまでは使えると想定すると、ほぼメインボードとして使えることになるでしょう。

先月バリ島に滞在時、CIのボードを扱っているサーフショップに行くと、ボビークアッドのストックが目立つ位置に置いてあったので、現在一押しのボードモデルであると感じました。

ツインピンやボビークアッドとようやく時代はセンターフィン無しモデルにシフトして来たのもあり、最近のCIのラインナップは興味深いです。

-----

ボビー・マルティネスの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事