すでにレイトシーズンと言う事で、これからは今シーズンにインドネシアを訪れたプロサーファーによるフリーサーフィン動画が数々公開されることでしょう。

そのタイミングにして動画を投下したのは、2017年ワールドジュニアチャンピオンに輝いたハワイアンのフィン・マギル「Finn McGill」(22歳)。

今回の動画は、フィン・マギルによるインドネシアへのサーフトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク


一般的には11月になると、季節が乾季から雨季に移行し、季節風は南東から北西へと変わるインドネシア。

まだシーズン中ではあるものの、スウェルの発生エリアである南半球は真冬を越したことで最もビッグスウェルが発生しやすい7~8月のピークシーズンを終えたので、一段落ついたタイミングと言えます。

そのタイミングと言う事で多くのサーフクリップが投稿される時期であり、早い段階での公開となった作品の一つが今回のフィンの動画。

内容としては、前半はバリ島のブキット半島やチャングー、後半はメンタワイ諸島という定番エリアを訪れていたようです。

上記SNS投稿では、「フルローテーションに行くと見せかけてバリエーションをチェンジ」とアーリーウープに切り替えたりと面白いアプローチを見せています。

シーズン中のインドネシアでのフィンのフリーサーフィンをチェックして見て下さい。

フィン・マギルの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事