ハワイを代表するエンターテイメントサーファーとして知られるメイソン・ホー「Mason Ho」(34歳)。

そんなメイソンが得意とするのはエアリアルとビッグバレル。

ということで、エアセクションが有名なテキサス州のBSRサーフリゾートには頻繁に足を伸ばしていて、同ウェイブプールでの新たな動画が公開。

今回の動画は、メイソン・ホーによるBSRサーフリゾートでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


BSRサーフリゾートでは、世界初メイクとなるクライストエアーをメイクしているメイソン。

そんなエアリアルを得意とするフリーサーファーですが、今回注目したいのはバレルでのストール。

ストールとは、バレルに入るためのスピードダウンのテクニックで、基本的にバレルになるセクション付近はめちゃくちゃパワーがあるのでとんでもなくスピードが付きます。

だからこそ、一般サーファーでバレルを狙っても、バレルの前のセクションを走っているサーファーが多いはず。

そこでストールが必要になるのですが、以前であれば腕を波のフェイスに突っ込んでストールするプロが多かったように感じ、私も腕を突っ込みますが思ったほどスピードダウンしません。

しかし、近年ではウィリーさせてのストールが多くなり、実際にサーフムービーを見ると一目瞭然だと思います。

これだけ多くのサーファーがウィリーでストールさせていると言うことは、ファンクショナルであるのは言わずもがなでしょう。

ちなみに、ストールなんかしたくないというサーファーならば、バックドアと言って波のピークの裏側からテイクオフするのも一つの手です。

もう一つは達人技ですが、ケリー・スレーターが2008年にパイプマスターズで優勝した時、当時では考えられない5フィート台のボードに乗っていました。

その理由をケリーは「ブレイク寸前までボードが走らないから、テイクオフからそのままバレルに入れるんだ」と口にしていました。

これは究極のテイクオフテクニックを持つケリーだからこその手法かもしれませんが、色々なアプローチがある点は興味深いですね。

メイソン・ホーの今年の過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事