• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

アメリカで国内最大級のアマチュアイベントであるNSSA(全米学生サーフィン連盟)。アメリカ出身のワールドツアーサーファーならば、若い頃に参加してきた登竜門のようなイベントとなっています。

過去のナショナルチャンプの名前を羅列すると、ケリー・スレーター、アンディ・アイアンズ、ブルース・アイアンズ、CJホブグッド、コロヘ・アンディーノ、ナット・ヤング、カリッサ・ムーアと、いずれもビッグネームが獲得しています。

そこで、今回お届けする動画は、先日終了したばかりのNSSA最終日の動画となります。将来的に、ワールドツアーで活躍するサーファー、もしくはワールドチャンプとなるかもしれないサーファーが集まっているので、今からチェックして見て下さい。

結果は、オープンメンズ部門のチャンピオンはジョシュア・モニーツ(ハワイ)、オープンウイメンズ部門のチャンピオンはキャロリン・マークス(フロリダ)となります。

ちなみに、メンズではジョシュアの弟であるセスもファイナル進出を果たし、セスは4位という結果を残しています。さらに、ジョシュアとセスの姉は、ウイメンズロングボードの現ワールドチャンプであるケリア・モニーツなので、サーフィン界におけるモニーツ家の勢いはとどまるところを知りませんね。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2014年度ASPワールドツアー第一戦クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト:五日目ハイライト
  • 2013年度WCTメンズno.5:タジ・バロウ
  • WQSプライムイベント「オニールSPプライム」」でのフィリペ・トレド特集
  • 2016年WCTメンズ第五戦「フィジー・プロ」:二日目ハイライト
  • 2015年度トリプルクラウン第二戦「バンズ・ワールド・カップ」:最終日ハイライト
  • 2016年WCT第二戦「リップカール・プロ・ベルズ・ビーチ」:六日目ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事