未来のワールドツアーサーファーが集まるNSSAナショナル・チャンピオンシップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

アメリカで国内最大級のアマチュアイベントであるNSSA(全米学生サーフィン連盟)。アメリカ出身のワールドツアーサーファーならば、若い頃に参加してきた登竜門のようなイベントとなっています。

過去のナショナルチャンプの名前を羅列すると、ケリー・スレーター、アンディ・アイアンズ、ブルース・アイアンズ、CJホブグッド、コロヘ・アンディーノ、ナット・ヤング、カリッサ・ムーアと、いずれもビッグネームが獲得しています。

そこで、今回お届けする動画は、先日終了したばかりのNSSA最終日の動画となります。将来的に、ワールドツアーで活躍するサーファー、もしくはワールドチャンプとなるかもしれないサーファーが集まっているので、今からチェックして見て下さい。

結果は、オープンメンズ部門のチャンピオンはジョシュア・モニーツ(ハワイ)、オープンウイメンズ部門のチャンピオンはキャロリン・マークス(フロリダ)となります。

ちなみに、メンズではジョシュアの弟であるセスもファイナル進出を果たし、セスは4位という結果を残しています。さらに、ジョシュアとセスの姉は、ウイメンズロングボードの現ワールドチャンプであるケリア・モニーツなので、サーフィン界におけるモニーツ家の勢いはとどまるところを知りませんね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)