• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

現地時間7月29日(カリフォルニア)、2014年度ASPウイメンズワールドツアー第六戦バンズUSオープン・オブ・サーフィンのラウンド1が開催されました。

会場のハンティントンビーチは、公式サイトによる波のサイズは1~3フィートという小波で典型的なビーチブレイク。ちなみに、昨年までメンズとウイメンズ共にWQSプライムイベントでしたが、今年はウイメンズのみワールドツアーイベントとなりました。

ラウンド1の本日、トップランクが順当に勝ち上がる結果となりました。その中で、15.77ポイントというトータルのハイエストスコアを叩き出したのは、5×ワールドチャンプのステファニー・ギルモア。

アウトでブレイクする波がミドルでウネリへと戻り、ミドルセクションで必死にスケーティングし、リフォームしてくるインサイドセクションへ繋げる必要がある癖波のハンティントン。

となると、波のブレイクを予想するのは難しく、ステファニーは「とにかく乗りまくる作戦で、フリーサーフィンでは乗らないような波にも手を出したわ。ココ(ココ・ホー)がスルーした波に乗って、ハイスコアが出たのはラッキーだった」と、ステファニーほどの経験を持ってしても、予測不可能なコンディションだったそうです。

現段階において、ASPによるウイメンズのハイライト動画はアップされていません。ハイライト映像はありませんが、ラウンド1の全映像はアップされているので(3時間半の長編です・・・。)、そちらをアップし、ハイライトが後にアップされれば、再び編集します。また、USオープンの公式サイトのリンクを下記に貼り付けて置きますので、興味がある方はチェックして見て下さい。

公式サイト「Vans US Open of Surfing」


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2013年度WCTメンズno.16:セバスチャン・ジーツ
  • ジョンジョンがトリプルクラウン制覇へ前進した2016年WCTメンズ最終戦「パイプマスターズ」二日目
  • ソフィア・ムラノビッチ
    ペルーの次世代を育てるソフィア・ムラノビッチが参加したQSイベント@エルサルバドル
  • 開催間近なISAイベント専用アプリが公開!出場CTサーファー情報もお届け
  • 2016/2017年シーズンBWT後半戦の各イベント招待サーファーリスト
  • 2013年度WCTウイメンズno.8:ビアンカ・ビュイテンダグ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事