現地時間9月27日(フランス)、2014年度ASPウイメンズワールドツアー第八戦ロキシー・プロ・フランスのラウンド4が開催されました。公式サイトによる波のサイズは、フェイスで4~6フィート。

敗者復活戦となるラウンド4の本日は、タイトルレースに絡むステファニー・ギルモアとタイラー・ライトの二人が勝ち上がれるのかが見所できした。ちなみに、ランキングトップのサリー・フィッツギボンズと3位のカリッサ・ムーアは、ラウンド3を勝ち上がったため、すでにクオーターファイナル進出を決めています。

結果的には、二人共にラウンド4を勝ち上がる順当な流れでした。ステファニーのヒートでは、思わずコメンテーターも口にしていましたが、ステファニーのサーフィンはレベルが違うとのこと。

このことは、ウイメンズ上位陣の4名全員に当てはまり、この4名が直接対決する可能性のあるクオーターファイナルまでは、よっぽどの事がない限り敗退する事はないですね。だから、どのコンテストでも結果を見ると、毎回同じような顔ぶれとなっています。

次は、いよいよクオーターファイナルがスタート。対戦組み合わせが面白く、サリーvsタイラー、ステファニーvsカリッサと、トップ4の潰し合いとなっています。この結果次第で、ランキングは大きく変動するので非常に興味深いです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事